トップページへ神の家族キリスト教会

 


 クリスチャンライフ > 情報コーナー > 学びのために 

祈る者の心構え

祈る者の心構えの中で、最も大きな要素は、信仰に立ち、真剣で、あきらめないということです。
まことの神様に向かって祈る人とは、マタイ7章にあるように、求め続け・探し続け・叩き続ける祈りをする人です。

中途半端ですぐあきらめるような祈りは、主から答えを受けることはまず無理です。また、二心の人も主から何かをもらえると思ってはならない、と聖書は教えています。

「ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。そういうのは、二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠いた人です。」(ヤコブ 1:6-8)


祈りの目的は、

 1. 答えをいただくため。
 2. 生きている神様を体験するため。
 3. 信仰が成長していくため。
 4. 聖霊の働きを期待し体験するため。


まことの祈りは、神様の御手を動かすことを覚えていて下さい。

「クリスチャンライフ みことばシリーズ」

宗教法人 神の家族キリスト教会
クリスチャンライフ

製作: 牧師 禹 浩鉉