トップページへ 
Photo-Report 30 2010年7月

ハレルヤ! 主の御名を賛美します。

私達夫婦のために、いつもお祈りくださり、感謝します。

7月13日夜から14日の朝にかけて、台風バシャンがマニラを直撃しました。とても風が強く、多くの木が倒れてしまい、いたるところで被害があり、110人以上の死者が出ました。私達の家も38時間30分の停電でした。フィリピンは、すぐに停電になり、復旧が遅いので困ります。ですので、普段からたくさんの食料品は、冷蔵庫には入れておけません。

14日、生後1ヵ月半の愛犬マークの様子がおかしいので、病院に連れて行きました。脱水症状を起こしていて、死ぬ寸前でした。点滴をしてもらい、1日入院しました。獣医からは、死ぬかもしれないと言われましたが、元気になり、感謝しています。

18日、聖餐式。今月は、残念ながら、持ち寄り食事会は、ありませんでした。

18日の夜から、香陽子は、体調を崩してしまいました。関節が痛くなり、次の日には、熱が出ました。でも、ただの風邪を疲れだと思い、薬も飲まずに、数日を過ごしました。でも、熱が下がらないので、薬を飲みました。その薬が強く、胃を痛めてしまったようです。でも、食欲があり、普通に食事ができたので、感謝でした。25日は、体調が悪く、教会に行くのをお休みしてしまいました。結局、2週間以上、体調が悪かったです。病院に行かなかったので、断定はできませんが、知り合いの医者と話をしたところ、インフルエンザだったようです。早く病院に行くべきだったと反省しています。

愛犬アビガイルが体調を崩し、20日の朝方に、私達を悲しませたくなかったのか、私達の寝ている間に苦しんだ様子もなく死んでいました。私達の家に来て1ヶ月でした。2ヶ月の短い命でしたが、とてもかわいかったです。心が痛みました。

28日、日本からフィリピン宣教旅行に、井野口先生と鈴木君が来られました。空港まで迎えに行き、モールで交わり、食事をし、ホテルへ送って行きました。リトは、日本に置いてきたギターを持って来てもらったので、とても喜んでいました。
教会が行っている食事支援センターがギターを必要としていて、リトに献品の要請が来ているので、そのために使うことになるでしょう。
食事支援センターのお母さんたちが作ったかばんの販売見本を井野口先生に日本に持って帰ってもらいました。関心のある方は、別紙をご覧ください。

私達夫婦のために引き続き、お祈りくだされば、幸いです。

神様の祝福が豊かにありますように、フィリピンからお祈りいたします。

 生後1ヵ月半の愛犬マーク


新企画

主の御名を賛美します。

私達の教会ビンヤード・マニラが行っている食事支援センターのお母さんたちに自立した生活(収入のある生活)をして欲しいと願い、お母さんたちの作ったかばんを販売することになりました。

子供たちは、毎週土曜日にセンターに来て、賛美をし、御言葉を聞き、食事をしています。子供たちの中には、聾唖の子供、障害を持った子供もいます。週1回の食事では、充分な栄養を取ることはできません。毎日の食生活が大切です。そこで、収入があれば、良い食生活ができるので、このような働きを始めることになりました。

フィリピン国内だけでなく、日本やアメリカなどの諸外国での販売により、多くの人たちに助けていただければと願っています。

ここで紹介しているものは、一部で、色や形、大きさは、オーダーメイドできます。
お値段は、500円から1000円ぐらいです。

日本で販売してくださる方を探しています。関心のある方は、kayokopanado@gmail.com まで、ご一報をください。よろしくお願いします。

この働きが、祝福されるようにお祈りくだされば、感謝です。

皆さんの上に主の豊かな祝福がありますようにお祈りいたします。

パナド・ホセリト&香陽子