トップページへ神の家族キリスト教会

 

写真レポート -20

 ハレルヤ! 主の御名を賛美します。

 私達夫婦のために、いつもお祈りくださり、感謝します。

 10月3日、1週間前に台風オンドイがマニラを直撃し、大きな被害をもたらしました。そして、この日は、北ルソン島に、台風ペペンが大きな被害をもたらしました。土砂崩れが、多くのところで起こり、生き埋めになった人たちが多数います。死者は、375人(10月15日現在)。私達の親しくさせていただいているカダタル牧師の教会員の家も数件全壊しました。その町だけでも50人を超える死者がでました。

 ハート・フォー・ザ・ワールド・ジャパンから被災者をサポートするために献金が送られてきました。妹と弟(2人ともクリスチャン)に手伝ってもらい、食料品の袋詰め。

 そして、2人は、被災者に食料品を届けるのも、手伝ってくれました。

 9日、台風オンドイの被災者に食料品を届けに、アンティポロ市へ行ってきました。テレビのニュースでは見ていましたが、実際に現地に行ってみると、やはりショックでした。家が流され、すべてのものを失ってしまった人たちに会い、話をしました。心に大きな傷を受け、トラウマになっているようでした。私達の訪問を本当に喜んでくださいました。70家族に食料品を渡すことができました。被災から2週間が経っていましたが、後片付けもままならないようでした。元の生活に戻るには、長い時間がかかりそうです。

 野菜が高くなってきました。2倍の値段になっているものもあります。これ以上、物価が上昇しないことを願うばかりです。

17日、台風ラミールが、マニラを直撃しました。土曜日に台風が来ます。この台風は、風が強かったのですが、雨量は、少なかったので、助かりました。と言っても、暴風のために朝3時から夜7時まで停電しました。私達の家の裏の道では、大木が倒れ、道をふさいでしまったので、リトと弟が、大木の処理を手伝いに行きました。

 もうこれ以上、台風が発生せずに、被害をもたらさないことを願うばかりです。

 私たち夫婦のために引き続き、お祈りくだされば、幸いです。

 神様の祝福が豊かにありますように、フィリピンからお祈りいたします。

パナド・ホセリト&香陽子