トップページへ神の家族キリスト教会

 

写真レポート -1

 ハレルヤ! 主の御名を賛美します。

 お元気でお過ごしでしょうか?
 私達夫婦のために、いつもお祈りくださり、感謝します。

 6月の末から7月は、大きな台風が来ました。フィリピンでは、台風に名前をつけます。「フランク」「ヘレン」でした。A-Zを順番に使っていくそうです。そして、大きい台風は、男性の名前、小さめのものは、女性の名前をつけるそうです。日本のように数字で、何号と呼ぶわけではありません。

 前回のレポートで予告していたものは、実は、家庭菜園です。アンパラヤ(ゴーヤ)、オクラ、タロング(なす)。ゴーヤは、すでに収穫でき、食べています。オクラは、8月には、収穫できるでしょう。なすは、当分先です。

 日本でも、物価が上昇していると思いますが、フィリピンは、それ以上です。ガソリンは、毎週のように値上がりしています。1リッター150円です。電気代、水道代も値上がりしました。米を始め、すべての食料品が値上がりしました。
フィリピンは、すべてのものが安いと思っていましたが、そうではありません。紙製品、プラスチック製品は、日本よりも高いです。日本の100円ストアーが進出してきています。でも、100円ではなく、220円ぐらい。日本の2倍です。卵は1個10円、なすは1本15円、じゃがいもは1個30円、たまねぎは(小)1個20円です。給料は、普通労働者で1日1000円です。ですので、生活は大変です。ここ数ヶ月で、食費を削った人は、66%だそうです。(1ペソ=2.5円)

 リトは、7月30日に車の免許を取得することができました。今までは、6ヶ月間日本で言う仮免許の状態でした。日本と違い、6ヶ月間です。待望の免許を取得することができたのですが、ガソリン代が上がり、公共交通機関を利用したほうが安いので、車を使う機会は、多くないでしょう。でも、公共交通機関は、とても時間がかかります。教会に行くのに、車だと30分強、しかし、ジプニー、電車または、バスを使うと1時間半以上かかります。お金を取るか、時間を取るかです。

 今回は、フィリピンでの実生活についてのレポートになってしまいました。

 引き続き、私達夫婦のためのお祈りくだされば、幸いです。

 神様の祝福が豊かにありますように、フィリピンからお祈りいたします。

パナド・ホセリト&香陽子