トップページへ神の家族キリスト教会

 

写真レポート -1

 ハレルヤ! 主の御名を賛美します。

 お元気でお過ごしでしょうか?
私達夫婦のために、いつもお祈りくださり、感謝します。

 しばらく、レポートを書くことができずに、申し訳ありません。
 4月は、私たちにとってチャレンジの時でした。2週間半、電気のない生活を強いられました。前の家主が、電気代を滞納していたことが発覚し、私たちにそれを払うように不当請求をされ、その後、何の連絡もないまま過ごしていましたら、いきなり業者が来て、電気線を切り、メーターを回収して行ってしまいました。いろいろな手続きが必要で、電気を回復してもらうのに、時間がかかりました。今も、そのための手続きをしている最中です。弁護士をたてて、書類の作成などをしてもらっています。すべてが、早く解決することを願っています。

 4月4日と5日は、2人でワーシップカンファレンスに参加しました。イギリスからTim Hughes師とそのチームが来られ、セミナーが行われました。多くの若者が参加していました。
 12日には、私たちの集っているビンヤード・マニラで二人の牧師就任式(按手)がありました。
 19日は、リトが音響セミナーに参加しました。
 そして、リトは、6週間、毎週日曜日の午後、友達の教会でギターを教えました。

 5月11日の母の日は、教会でお母さんたちに赤いバラを贈りました。フィリピンでは、カーネーションではなく、バラです。バラは、大切な人に贈る花だそうです。
 5月18日は、夜2ヶ月に1度の賛美集会。他教会のからも、多くの若者を中心に参加者が集まります。リトはいつものように、奏楽の奉仕をさせてもらいました。
 アメリカのアイダホ州にあるビンヤード・ボイセから、14人の若者たちは、1ヶ月間、フィリピンで宣教活動をしてくださいました。リトは、数日、彼らと共に過ごしました。特に、お父さんが日本人の人と仲良くなったようです。
 フィリピンでは、米の高騰(半年前の1・5倍)、ガソリンの高騰で、庶民の生活を苦しめています。子供たちの6月から始まる新学期が大変のようです。
 引き続き、私達夫婦のためのお祈りくだされば、幸いです。
 神様の祝福が豊かにありますように、とても暑いフィリピンからお祈りいたします。

パナド・ホセリト&香陽子