村仲レポート


公式回答より

 Q&A:

1.大切にしている御言葉は何ですか?
 もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。
(ヨハネ 13:35)


2.先生の教会のどのようなところが好きですか?
 ここにいてとても落ち着ける、オアシス的な存在であること。賛美がとても豊かなところ。皆が気さくで、アットホームで、自由な空気が溢れているところ。冗談が通じるところ。ロッキーの大自然にマッチした教会堂(借り物ですが)。

3.先生の夢や目標は何ですか?
 観光者が多いため、その存在がオアシス的なものとなることと、現地に定着している日系人にとっても、 コミュニティセンター的な役割をもつこと。地域と密着した活動(賛美チームによる病院などの訪問など)の充実。「明るく、元気で、のびのび」と、賜物を生かした、「仕える喜び」に根ざした教会の群れ。

4.先生にとってイエス・キりストとはどのような方ですか?
救い主、癒し主、慰め主、・・・・・・・もう、言い尽くせないくらいのすべてのすべてなる全能なるお方です。


 Q&A形式による、村仲宣教師ご夫妻の思わず洩らしてしまった(?)真実の声です。
週刊誌の”バクロ記事”がお好きな方は是非どうぞ・・・
 <注意>このコーナーの内容は、読んだら直ちに忘れ去るよう努力してください。決して他言してはいけません!忘れられない場合には、そっとあなたの胸の奥にしまったままにしておいてください。もしどうしても誰かに話したくなったら、人気のないところで穴を掘って叫びましょう・・・「王様の耳はロバの耳〜〜!!」

 表記上のご注意:

  Q:無遠慮な司会者の質問
  T:村仲宣教師(Toshi先生)の回答
  A:奥様(Anna先生)の回答

Q:では、まず当たり障りのないところから質問させていただきます。バンフの教会を簡単に紹介してください。

T:バンフ(カルガリーから、125Km離れたところにある、世界有数の観光地)には、有名なバンフスプリングスホテル(お城のようなホテル)もあり、人口1万の小さい街も夏の観光シーズンになると、観光客でとてもにぎあいます。特に日本人観光客が多く、道行く旅人の口から、日本語が飛び交うのをよく耳にします。また、ホテルで働く日本人も多く、この関係者が多く教会の礼拝に参加されます。観光客も、バンフタイムスという新聞などを介して訪問してくださいます。隣町のキャンモァ(バンフの南25Km)に牧師の家がありますが、ここは、山に囲まれた、「カナダの軽井沢」です。日本人も多く、料理教室をすると、40名近くの方々が集まってくださいます。今後は、この二つの地区を中心に伝道活動を行いたいと思っています。

Q:Toshi先生の新居のあるキャンモアに関して教えてください。

T:キャンモァは、スリーシスターズという山がとても美しいです。今日も家の庭で夕食をしましたが、本当に皆様に来ていただきたい思いでいっぱいの素晴らしい自然環境のところです。

Q:バンフとキャンモア近辺の写真を送って下さるようToshi先生にお願いしています。到着しだい掲載いたします。
Toshi先生!忘れないでくださいよ!!

Q:教会では、礼拝以外にどのような活動をしているか紹介してください。

T:料理教室、手芸教室、映画会、BBQ大会(家とか、バンフの野外で)、キャンプ(湖のほとりで)、ハイキング、フイッシング、国や市、町の行事への参加。老人施設、病院、学校などへの聖歌隊による慰労訪問、クリスマスシーズンのキャロリング(モール、病院、学校、他教会、市民クリスマスへの参加など)、バレーボール同好会、祈祷会(アッ!これを真っ先に書くべきでした。)

Q:実に楽しそうですね〜〜!ところでリストアップされた順には何か深い意味があるのでしょうか?・・・Toshi先生は一番最後まで好きなものをとっておく性分がある、と解釈しておきましょう・・・

Q:カナダの印象は?

A:ただただ広いところ!いつまでが春で、いつまでが夏かわかりませんが、氷が溶け出した頃が春で、ガーディニングを一斉に始める頃が夏。9月頃、紅葉(ここは黄葉)が始まり、雪がちらつき始めるのが、秋。気温が0度前後になり始めるのが冬の始まり。
T:冬に来た!・・・・極寒の世界だった!・・・・鼻水もつららになってしまった!秋や春といった季節があってないようなところ・・・夏か冬か!そう、アツいかツメタいか、全く聖書的な世界です。

Q:カナダはとても広くて、ただ暑いか寒いかの所のようです・・・

Q:カナダに来てから今までで一番主に感謝したことは?

A:救われた魂が日本に帰ってからも信仰を持ちつづけていることです。
T:魂が救われ、洗礼の瞬間の素晴らしさに享受できることです。

Q:ん〜〜!さすが宣教師ご夫妻!判で押したような模範的な回答ですね!!

Q:カナダで一番困ったことは?

A:ことば(通じないときのもどかしさ)です。
T:交通取締りの厳しさ・・・3回もひっかかりました・・・・日本では無事故無違反の模範生(見つからないだけ?)でした。

Q:カナダは語学力に問題のある方と、交通マナーに問題のある方には厳しい国のようですね・・・

Q:カナダで一番驚いたことは?

A:中国人の多いことです。
T:湖の色の美しさ、大自然の猛威(吹雪き、湖面の全面凍結)、交通のマナーのよさ、レディーファーストの徹底さ、映画の安さ、肉のやすさ、こっちに来て奥さんがお太りになったことです!

Q:・・・!?・・・とっToshi先生!そんなこと口走っちゃってもいいんですか?!知りませんよ〜〜
T:えっ・・・まずかったかな・・・今の発言消しといてもらえます?

Q:はい分かりました!え〜〜と・・・?皆様・・・一度記入した内容の消去方法が分からないので、最後の発言部分は読まないようにしてください。もう読んでしまわれた方はすぐに忘れてください。気を取り直して次の質問です・・・

Q:カナダで一番日本と違っていると思われたことは?

A:芝刈りは男性の仕事(いいぇ、女性もやってますぅ!・・・Toshi談)。ほとんどの人が5時頃には帰宅し、夏は、ベランダや庭でBBQ(バーベキュー)を楽しんでいます。
T:一番違うのはやはり、英語を使うこと・・・・次には、右側通行、白夜がある、広い、のんびり、梅雨がない、空気が良い、ザックバラン、家族第一主義、隣近所とかなりフランクな付き合い、州毎に時差がある、ごみの分別が厳しくない、人間以上に自然が大事にされている感じもする、などなど・・・

Q:カナダから見た日本は?

A:とにかく日本は忙しい・・生きることを楽しんでいないように思われます。
T:凶悪犯罪が多過ぎます。進化論どっぷりの思想体系・・・最もリバイバルの起こる必要を覚えます。秒単位で人も物も動いているので、余裕がありません。でも、日本の魚と麺類は美味しいです。日本の電化製品は50年くらい進んでいます。

Q:カナダの一番好きな点、嫌いな点は?

A:〔好きな点〕ゆったりしている時間の流れ(なんだか、生まれ故郷の九州みたい)
 〔嫌いな点〕・・・・・なんで日本語通じないの?
T:〔好きな点〕ゆったりしている時間の流れ(なぜだか、生まれ故郷の鹿児島みたいでごわす)
 〔嫌いな点〕う〜ん、見つからない!

Q:カナダは英語が堪能で、気の長い人向きなんですね〜〜・・・

Q:カナダの食事は?

A:美味しいと思ったところは、韓国料理店のBBQセット、お得なお店は、食べ放題中華料理のお店(ランチ500円くらい)
T:Macが大好きになってしまいました!!他の店に関しては、奥様と同感(奥様が食べ放題の店で見せる幸せそうな姿は今まで見たことがありません。日々成長の毎日です。 (^_^;)

Q:食事の話になると盛り上がりますね。でもどうでもいいですけど、カナダの食事らしいものは何一つも出てきませんでしたね・・・これだけ聞いているとどこの国の話だか分かりませんね・・・

Q:最後に、その他なんでも気のついた点、主張なさりたい点などありましたらお願いします。

A:日本が恋しい!そして、元祖Anna様にお会いしたいです!!」もう一言、「やせなきゃ!」
T:いや〜、もう、この7月は最高の季節です。でも、8月も、9月も最高なんです。とにかく、一人でも多くの皆様にこの素晴らしい大自然を味わっていただきたいです。二人だけで味わうのは本当にもったいないし、悔しい思いです・・・・・せっかくゴルフでホールインワン出したのに、周りに誰もいないときのそういう気分・・・ともに分かち合いたいのです!!  でも、いつでもどこでも変わらない感動は、人の魂が救われるときですね、これが、何よりも最高です!!!(牧師らしくまとめたでしょ!コホン)

Q:どうもありがとうございました。今回は初回ですので、無難な質問に終始させていただきました・・・
次回はもっときわどい(?)質問を用意させていただきますのでよろしく。