トップページへ神の家族キリスト教会

 

「キリストと共に生きる2」

- 2017年5月14日 -

講師:水野 明廣 師
聖書箇所 エペソ1:3、詩編67:7 

 「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにおいて、天にある全ての霊的祝福をもって私たちを祝福して下さいました。」

 「神が私たちを祝福して下さって、地の果て果てが、ことごとく神を恐れますように。」

 今日は私達がクリスチャンとして生きる為の確信のことばを紹介します。
このエペソ人への手紙はクリスチャンになった人達に神様はどういう事を期待しておられるのか、私達は今どうなっているのかを知る為に非常に大切な御ことばです。
「神はキリストにおいて、天にある全ての霊的祝福をもって私達を祝福して下さいました。」ました!です。と言う事は、もう祝福を与えられているのです!

 神様は天地万物を創造された時、人をご自身のかたちに創造され祝福されました。

神様は祝福の神です。創造された世界は秩序正しく、一定の法則によって自然界は動き、神の摂理の中で、人の為にも律法を与えて下さいました。法律がなければ善悪が判らないからです。しかし、法を破れば刑罰があります。生まれながらの人間は、罪の中にあって肉と心の臨むままを行い、神の怒りを受け、滅びるべき運命にあるのです。しかし、憐れみ深い神は、大きな愛のゆえに、罪過の中に死んでいた私達をイエス・キリストの贖いによって、悔い改めた者を信仰によって永遠の滅びから救って下さり、天的祝福をもって私達を祝福してくださいました。ですからイエス様を信じた私達はこの世の人と同じ生き方をしてはいけないのです。 私達は、御ことばに導かれて生きるのがふさわしいのです。

 神様は、アブラハムを選ばれ祝福の約束をされました。「・・あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたを呪うものをわたしは呪う。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。・・」(創12:1〜3)(民数24:9) 約束通り神様はアブラハムを大いに祝福され、アブラハムの子孫によってイスラエル国が出来ました。

 アブラハムを祝福する者を神様は同じように祝福されると約束されました。イスラエルを祝福しましょう。イスラエルを祝福する事は、祝福の民として健全な事です。
皆さんどうぞ家族の為に、自分の為にも大いに祝して下さいと祈ってください。

 ヤベツの話は有名です。(T歴4:10)「ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。『私を大いに祝福し、私の地境を広げて下さいますように。御手が私と共にあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむ事がないようにして下さいますように。』そこで神は彼の願った事をかなえられた。」とあります。 私達はもう天の諸々の祝福をキリスト・イエスのおかげで霊的祝福も全部貰っています。霊的とは、聖霊様の影響力によって現実になる祝福です。ですからこれを現実にする為にもヤベツの様に「私を大いに祝してください」と祈られる事をお勧めします。
皆さん、もう一度言います。私達はキリストにおいて、天にあるあらゆる霊的祝福をもって大いに祝福されています。ではなぜ私達に「どうしてこんな事に」と言う事が起こるのでしょう。

 自然災害だけでは無く、人間関係、物質的等々、実生活の中で様々な問題が付いて回ります。神の民としていつも神様をほめたたえていくべきなのにそれが出来ない事が起こるのです。

 或る聖会の時、幾人かのカウンセリングをしました。共通していた事は、自分が長年付き合い大きな信頼を置いていた人に裏切られたという、苦しみ、悲しみ、痛み、そして怒りを持っていた事でした。祝福の民としてなすべき事は何でしょう。

「『悪に報いてやろう。』といってはならない。主があなたを救われる。」(箴言20:22)
「あなたの敵が倒れる時、喜んではならない。・・」(箴言24:17-18)


 私たちは祝福の民ですから、御ことばが私達の生き方なのです。苦しみを与えた人が不幸になるのを望むのではなく、悪に悪を返さず、祝福をすべきです。
  
 今日は母の日です。箴言23:25には「あなたの父と母を喜ばせ、あなたを産んだ母を楽しませよ。」この楽しませよと言うことばは祝福せよということばと同じだそうです。
   
 「『あなたの父と母を敬え。』これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。すなわち、『そうしたらあなたは幸せになり、地上で長生きする。』と言う約束です。」(エペソ2:3)

 皆さんのお母さんを祝福してください。どのような事情があったとしても、神様は「父と母を敬え」と言っておられるのですから。母の日だけではなく、毎日お母さんを祝福し、イスラエルを祝福して、神様の約束を頂いて下さい。

 またいつも祝福の心を持ってください。「人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。しかし主は人の魂の値打ちをはかられる。」(箴言16:2) 学力、能力ではないのでよ。

「人は自分の道は皆正しいと思う。しかし主は人の心の値打ちをはかられる。(箴言21:2)

 私達がはかったようにはかられます。どれだけ感謝し喜び、人を祝福しているか、愛の心、憐れみの心を持っているかと。

 皆さんが祝福の民として大いに用いられますように。皆さんの上に豊かな祝福がありますように。

2017年5月19日更新

先頭へ

戻る