トップページへ神の家族キリスト教会

 

「神殿の回復」

- 2017年2月12日 -

講師:榎 実師 師
聖書箇所 ハガイ2:4-9

「あなた方がエジプトから出て来た時、わたしがあなた方と結んだ約束により、わたしの霊があなたがたの間で働いている。恐れるな。」(ハガイ2:5)

 今年クリスチャンライフは50周年を迎えます。聖書に「50年目はヨベルの年であるから聖別し住民に開放を宣言し自分の所有地に帰り、家族のもとに帰らねばならない。」(レビ25:10)とあります。私たちの人生においても、回復、解放されるべき事があるのではないでしょうか。奴隷であったものが解放され、所有している土地に帰るのです。クリスチャンライフにおいても一人一人が解放され霊性が引き上げられ、更にキリストに似た者として立ち上がっていく者となって欲しいと思います。その励ましとビジョンをハガイ書から二つの事を見ていきたいと思います。

●主は、・・ユダの総督ゼルバベルの心と、・・大祭司ヨシュアの心と、民のすべての残りの者の心を奮い立たせたので、彼らは彼らの神、万軍の主の宮に行って、仕事に取り掛かった。(ハガイ1:14)

 ここに二つのビジョンが書かれています。一つは神殿回復。次にその事を通して人々の神への霊的回復です。神殿が廃墟となっているのに、自分たちの生活を優先している民に、先ず神殿再建こそ優先され、神を第一にするべきであり、それこそが祝福の基である事を示し、総督と、大祭司、民を奮い立たせられました。
 私たちの教会でも昨年の標語は回復でした。その中で、二人の魂の回復を見る事が出来ました。一人は、8年ぶりに礼拝に戻ってくれた若者で、もう一人は天理教の筋金入りの信者でした。学びをする中で、真理を知りたいという願いがある事が解り、イエス様こそが真理である事を語り続ける内に御ことばがその人をとらえ動かし、救いへと導いてくれました。御ことばは生きていて、力があります。御ことばこそが、人を立ち上がらせ、人を奮い立たせ、人格を造り替えてくれます。この御ことばは、いつも信じる者の心にあり、近くにあるのです。
 特にクリスチャンライフに主が願われている回復の領域は、ハガイが主から語られた宮の回復ではないでしょうか。神は神殿再建を通して、民の信仰を回復されようとされました。
「あなた方の身体は、あなた方の内に住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、・・」(Tコリント6:19)とあります。私たちは神の神殿です。
 キリストを信じた人々には皆その内に聖霊様がおられます。イエスキリストの十字架と血によって、贖われ、義とされ、聖とされ神の子とされたにもかかわらず、キリストを知っていながら生き方が変えられていない、という事はないでしょうか。この世の人と同じ生き方をしているとパウロはガラテヤ4:8で嘆いていますが、皆さんはどうでしょうか。
 パウロは(ガラテヤ4:19)で「私の子どもたちよ。あなたがたの内にキリストが形造られるまで、私は再びあなた方の為に生みの苦しみをしています。」と語っていますが、この思いは主の御心ではではないでしょうか。 
 私はカナダに遣わされた時から、今に至るまで二つの事を心掛けています。それは群れを愛する事と、正直である事です。私たちが間違いを犯したとき先ずしなければならない事は、神の前に悔い改める事です。自尊心を捨てて、相手に謝る事です。自己像を正しく回復させる事です。その事によって神様は、祝福を豊かに与えて下さいます。
 主がどれほど素晴らしいお方であるか。ダビデは心を込めて褒め讃えています。神様はハガイを通してこう言われました。「あなた方がエジプトから出て来た時、私があなた方と結んだ約束により、私の霊があなた方の間で働いている。恐れるな。」と。出エジプトからハガイの時代まで何年たっているでしょう。しかし今現在の私達にもそう語っておられるのです。私たちは忘れます。しかし主は決して言い送った事は忘れないといわれます。 
 私たちが日々御ことばに触れる時、神が与えて下さった数々の恵みの約束の実現をいただく事が出来ます。 御ことばは生きて働いています。いのちに至らせる御ことばです。真理です。私たちを正しい道へ導いてくれます。ハガイ書2:5の後半「わたしの霊があなた方の間で働いている。」御霊は天地創造の時から働いておられ、神が御ことばを発せられた時全ての物が創造されました。その御ことばが、人となって来て下さったイエス・キリストです。黙示録において、「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。」とあります。神様の者として造られた人間が騙されて神の手から離れましたが、神様は再び取り戻して下さり、永久にともにいて下さるのです。
 全てはアブラハムにされた約束のゆえであり、約束の相続者たちに、誓いをもって保証して下さったのです。

 今日二つの事をしっかり覚えて頂きたいのです。
1、 神の子としての自己像をとり戻して、栄光から栄光へと主に似た者として変わり続けて下さい。
2、 神の子として与えられている祝福の相続をしっかり受け取って下さい。

2017年2月9日更新

先頭へ

戻る