トップページへ神の家族キリスト教会

 

「クリスマスの感動を味わうために」

- 2016年12月25日 -

講師:水野 明廣 師
聖書箇所 ルカ2:10-12、へブル8:12

「御使いは彼らに言った。『恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。』」

「なぜなら、わたしは彼らの不義にあわれみをかけ、もはや、彼らの罪を思い出さないからである。」

 クリスマスの素晴らしさ、主が人となって地上に生まれてくださったその目的は3つです。

1.滅びに居る人を救うため
 イエス様は滅びに居る人々を救うために来られました。主はあなたの罪を救うため、あなたを閉じ込めているものから解放するために来られました。

●「人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」(ルカ 19:10)

2.豊かな命をくださるため
 イエス様は私たちに豊かな命をくださるために来られました。

●「盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」(ヨハネ 10:10)

3.悪魔のわざをうちやぶるため
 イエス様は悪魔の悪しきわざをうちやぶるために来られました。

●「神の子が現われたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。」(1ヨハネ 3:8)

4.ゆるすこと、ゆるされること
 ゆるしを受けること、ゆるしを与えることがうまくいかないと、いろいろな問題が起きて来ます。「ゆるすこと」と「ゆるされること」の両方が大事です。私たちは主によって完璧なゆるしを与えられました。主は一度ゆるしたら、もはや私たちの罪を思い出すことはありません。自分がどれほど大きな罪をゆるされているか、その幸いを心から実感した時、私たちもゆるしを与えることが出来るようになります。

●「幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。」(詩篇 32:1)

 理不尽な仕打ちばかり受けて来たヨセフは、苦しいことや嫌なことは忘れ、人を恨む道を取りませんでした。そのヨセフは大いに用いられ、驚くような神の恵みを体験しました。恨み、痛み、傷は埋められた地雷のようなものです。ゆるす時、心からゆるしていますか。地雷を持ち続けないようにしましょう。ゆるしは最高の特権です。

●「ヨセフは長子をマナセと名付けた。『神が私のすべての労苦と私の父の全家とを忘れさせた』からである。」(創世記 41:51)

●「あなたがたもそれぞれ、心から兄弟を赦さないなら、天のわたしの父も、あなたがたに、このようになさるのです。」(マタイ 18:35)

●「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」
(ルカ 23:34)


5.ゆるしという贈り物
 クリスマスにゆるしのギフトを差し上げてください。ゆるしを祈ってください、ゆるしを宣言しましょう。ゆるさない心を持ったまま、想いを封じ込めたまま、過ごすことがありませんように。

●「神は、このあわれみの器として、私たちを、ユダヤ人の中からだけでなく、異邦人の中からも召してくださったのです。」(ローマ 9:24)

6.愛の贈り物
 クリスマスに愛の贈り物も贈りましょう。イエス様は命をくださいました。そのことによって私たちへの愛を示されました。命は時間から成り立っています。共に時間を過ごすこと、相手の喜ぶことのために時間を使うこと、それが愛の贈り物です。

7.祈りの贈り物
 祈りの贈り物も贈りましょう。周りの方々に祝福を、回復を祈ってあげてください。祈りによって聖霊様が働き、主のみわざが現われます。

 人々の祝福のために用いられる器となりましょう!私たちはイエス様のみわざの相続者です。滅びの中にある人を救う働きが出来ますように。命を得て豊かに生きることが出来ますように。悪しきわざを打ち破る経験をすることが出来ますように。ハレルヤ!

2017年1月16日更新

先頭へ

戻る