トップページへ神の家族キリスト教会

 

クリスチャンライフとは・・・

誰でも生かされ、用いられる

T. 定義 … 主イエス・キリスト御自身の現れとなる。
  
Tコリント12:27
  エペソ1:23

U. 目的 … 主イエス・キリストの栄光の現れとなり、その栄光を主に捧げる。
  
イザヤ43:7
  Tコリント6:19〜20

V. 五つの方法で教会の目的を果たし続ける
 
1.もっと主に喜ばれる霊とまことの礼拝   ヨハネ4:23−24
  (まことの礼拝者こそ、悪魔の要塞を打ち壊す)
 2.御霊と御力の現われとなる福音宣教   マルコ16:15−20
  (福音を宣べ伝えることこそ、人々のいのちを救う)
 3.組み合わされ、結び合わされる交わり   エペソ4:15−16
  (交わりこそ、人々の成長に必要)
 4.ひたむきに前に進むための学び   ピリピ3:13−14
  (学びを続けることこそ、内なる人々の刷新に大切)
 5.喜びをもって仕える霊で奉仕   ヨハネ10:10
  (どんな状況にある人々をも建て上げる奉仕こそ、今求められている)

W. クリスチャン・ライフの二大特徴
 
1.愛する為に生きる。
 2.御霊に導かれる。

X. クリスチャンライフの教会理念
 
1.主イエス・キリストが建てられる。   マタイ16:18
 2.主イエス・キリストのからだ。   Tコリント12:27
 3.主イエス・キリストの知恵。   エペソ3:9
 4.主イエス・キリストの栄光。   エペソ3:21
 5.主の御旨の中心。   詩篇87:1〜7


牧師 水野明廣

 神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。(ピリピ2:13)

 主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。・・・主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。(詩篇127:1〜2)

 現在、駐車場として利用させていただいている場所にあった古い住宅を借りて、1957年にカナダ人宣教師の方々が宣教活動を始められましたが、事情によりそれが中断されてしまいました。そして、1967年に旧会堂が献堂されて以来、本格的な伝道の働きが再開され、カナダのクリスチャンの支援を受けて、小牧の地に小さな土地と建物を得てもう一つの教会堂を、更には、ほんの数名の献身的献金により岐阜県土岐市にもう一つの教会堂をと、主の御用の拡大を計ってまいりました。それが、今日の神の家族の中心的教会となっております。

 

・・・わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。(マタイ16:18)

 主イエス・キリスト御自身が建てていてくださるクリスチャンライフは、暗闇の勢力―ハデスの門―に勝利するキリストの教会として、家族を見張り守る役目、町も見張り守る務め、そして日本の国を見張り守る使命も与えられてきております。今後は、文字通りの教会の姿である祈りの家としての生き方と、更に御霊に導かれる実生活を求めながら、神の御国の民の集い、信仰の家族の特徴である愛の交わりを深めて主から与えられた使命を果たせる教会とならせていただきたいと、心から祈り願っております。
 それと、今既に主が集めておられるクリスチャン一人一人に与えられた賜物をもっともっと活用し、発展させるためにも、特にもっと多くの人々が救われるためにも、早急に新しい充分な設備の整った会堂が備えられることを求めながら切望しております。