雅歌 2章

目次  第1章  第3章

2 1 私はシャロンのサフラン、谷のゆりの花。
2 2 わが愛する者が娘たちの間にいるのは、いばらの中のゆりの花のようだ。
2 3 私の愛する方が若者たちの間におられるのは、林の木の中のりんごの木のようです。私はその陰にすわりたいと切に望みました。その実は私の口に甘いのです。
2 4 あの方は私を酒宴の席に伴われました。私の上に翻るあの方の旗じるしは愛でした。
2 5 干しぶどうの菓子で私を力づけ、りんごで私を元気づけてください。私は愛に病んでいるのです。
2 6 ああ、あの方の左の腕が私の頭の下にあり、右の手が私を抱いてくださるとよいのに。
2 7 エルサレムの娘たち。私は、かもしかや野の雌鹿をさして、あなたがたに誓っていただきます。揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。
2 8 愛する方の声。ご覧、あの方が来られます。山々をとび越え、丘々の上をはねて。
2 9 私の愛する方は、かもしかや若い鹿のようです。ご覧、あの方は私たちの壁のうしろにじっと立ち、窓からのぞき、格子越しにうかがっています。
2 10 私の愛する方は、私に語りかけて言われます。「わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。
2 11 ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
2 12 地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。
2 13 いちじくの木は実をならせ、ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ。わが愛する者、美しいひとよ。さあ、立って、出ておいで。
2 14 岩の裂け目、がけの隠れ場にいる私の鳩よ。私に、顔を見せておくれ。あなたの声を聞かせておくれ。あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。
2 15 『私たちのために、ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕えておくれ。』私たちのぶどう畑は花盛りだから。」
2 16 私の愛する方は私のもの。私はあの方のもの。あの方はゆりの花の間で群れを飼っています。
2 17 私の愛する方よ。そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、あなたは帰って来て、険しい山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってください。

第3章