詩篇 141篇

目次  第140篇  第142篇

141 0 ダビデの賛歌
141 1 主よ。私はあなたを呼び求めます。私のところに急いでください。私があなたに呼ばわるとき、私の声を聞いてください。
141 2 私の祈りが、御前への香として、私が手を上げることが、夕べのささげ物として立ち上りますように。
141 3 主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください。
141 4 私の心を悪いことに向けさせず、不法を行なう者どもとともに、悪い行ないに携わらないようにしてください。私が彼らのうまい物を食べないようにしてください。
141 5 正しい者が愛情をもって私を打ち、私を責めますように。それは頭にそそがれる油です。私の頭がそれを拒まないようにしてください。彼らが悪行を重ねても、なおも私は祈ります。
141 6 彼らのさばきづかさらが岩のかたわらに投げ落とされたとき、彼らは私のいかにも喜ばしいことばを聞くことでしょう。
141 7 人が地を掘り起こして砕くときのように、私たちの骨はよみの入口にまき散らされました。
141 8 私の主、神よ。まことに、私の目はあなたに向いています。私はあなたに身を避けます。私を放り出さないでください。
141 9 どうか、彼らが私に仕掛けたわなから、不法を行なう者の落とし穴から、私を守ってください。
141 10 私が通り過ぎるそのときに、悪者はおのれ自身の網に落ち込みますように。

第142篇