詩篇 137篇

目次  第136篇  第138篇

137 1 バビロンの川のほとり、そこで、私たちはすわり、シオンを思い出して泣いた。
137 2 その柳の木々に私たちは立琴を掛けた。
137 3 それは、私たちを捕え移した者たちが、そこで、私たちに歌を求め、私たちを苦しめる者たちが、興を求めて、「シオンの歌を一つ歌え。」と言ったからだ。
137 4 私たちがどうして、異国の地にあって主の歌を歌えようか。
137 5 エルサレムよ。もしも、私がおまえを忘れたら、私の右手がその巧みさを忘れるように。
137 6 もしも、私がおまえを思い出さず、私がエルサレムを最上の喜びにもまさってたたえないなら、私の舌が上あごについてしまうように。
137 7 主よ。エルサレムの日に、「破壊せよ、破壊せよ、その基までも。」と言ったエドムの子らを思い出してください。
137 8 バビロンの娘よ。荒れ果てた者よ。おまえの私たちへの仕打ちを、おまえに仕返しする人は、なんと幸いなことよ。
137 9 おまえの子どもたちを捕え、岩に打ちつける人は、なんと幸いなことよ。

第138篇