詩篇 120篇

目次  第119篇  第121篇

120 0 都上りの歌
120 1 苦しみのうちに、私が主に呼ばわると、主は私に答えられた。
120 2 主よ。私を偽りのくちびる、欺きの舌から、救い出してください。
120 3 欺きの舌よ。おまえに何が与えられ、おまえに何が加えられるのか。
120 4 勇士の鋭い矢、それに、えにしだの熱い炭火だ。
120 5 ああ、哀れな私よ。メシェクに寄留し、ケダルの天幕で暮らすとは。
120 6 私は、久しく、平和を憎む者とともに住んでいた。
120 7 私は平和を――、私が話すと、彼らは戦いを望むのだ。

第121篇