詩篇 116篇

目次  第115篇  第117篇

116 1 私は主を愛する。主は私の声、私の願いを聞いてくださるから。
116 2 主は、私に耳を傾けられるので、私は生きるかぎり主を呼び求めよう。
116 3 死の綱が私を取り巻き、よみの恐怖が私を襲い、私は苦しみと悲しみの中にあった。
116 4 そのとき、私は主の御名を呼び求めた。「主よ。どうか私のいのちを助け出してください。」
116 5 主は情け深く、正しい。まことに、私たちの神はあわれみ深い。
116 6 主はわきまえのない者を守られる。私がおとしめられたとき、私をお救いになった。
116 7 私のたましいよ。おまえの全きいこいに戻れ。主はおまえに、良くしてくださったからだ。
116 8 まことに、あなたは私のたましいを死から、私の目を涙から、私の足をつまずきから、救い出されました。
116 9 私は、生ける者の地で、主の御前を歩き進もう。
116 10 「私は大いに悩んだ。」と言ったときも、私は信じた。
116 11 私はあわてて「すべての人は偽りを言う者だ。」と言った。
116 12 主が、ことごとく私に良くしてくださったことについて、私は主に何をお返ししようか。
116 13 私は救いの杯をかかげ、主の御名を呼び求めよう。
116 14 私は、自分の誓いを主に果たそう。ああ、御民すべてのいる所で。
116 15 主の聖徒たちの死は主の目に尊い。
116 16 ああ、主よ。私はまことにあなたのしもべです。私は、あなたのしもべ、あなたのはしための子です。あなたは私のかせを解かれました。
116 17 私はあなたに感謝のいけにえをささげ、主の御名を呼び求めます。
116 18 私は自分の誓いを主に果たそう。ああ、御民すべてのいる所で。
116 19 主の家の大庭で。エルサレムよ。あなたの真中で。ハレルヤ。

第117篇