詩篇 104篇

目次  第103篇  第105篇

104 1 わがたましいよ。主をほめたたえよ。わが神、主よ。あなたはまことに偉大な方。あなたは尊厳と威光を身にまとっておられます。
104 2 あなたは光を衣のように着、天を、幕のように広げておられます。
104 3 水の中にご自分の高殿の梁を置き、雲をご自分の車とし、風の翼に乗って歩かれます。
104 4 風をご自分の使いとし、焼き尽くす火をご自分の召使とされます。
104 5 また地をその基の上に据えられました。地はそれゆえ、とこしえにゆるぎません。
104 6 あなたは、深い水を衣のようにして、地をおおわれました。水は、山々の上にとどまっていました。
104 7 水は、あなたに叱られて逃げ、あなたの雷の声で急ぎ去りました。
104 8 山は上がり、谷は沈みました。あなたが定めたその場所へと。
104 9 あなたは境を定め、水がそれを越えないようにされました。水が再び地をおおうことのないようにされました。
104 10 主は泉を谷に送り、山々の間を流れさせ、
104 11 野のすべての獣に飲ませられます。野ろばも渇きをいやします。
104 12 そのかたわらには空の鳥が住み、枝の間でさえずっています。
104 13 主はその高殿から山々に水を注ぎ、地はあなたのみわざの実によって満ち足りています。
104 14 主は家畜のために草を、また、人に役立つ植物を生えさせられます。人が地から食物を得るために。
104 15 また、人の心を喜ばせるぶどう酒をも。油によるよりも顔をつややかにするために。また、人の心をささえる食物をも。
104 16 主の木々は満ち足りています。主の植えたレバノンの杉の木も。
104 17 そこに、鳥は巣をかけ、こうのとりは、もみの木をその宿としています。
104 18 高い山は野やぎのため、岩は岩だぬきの隠れ場。
104 19 主は季節のために月を造られました。太陽はその沈む所を知っています。
104 20 あなたがやみを定められると、夜になります。夜には、あらゆる森の獣が動きます。
104 21 若い獅子はおのれのえじきのためにほえたけり、神におのれの食物を求めます。
104 22 日が上ると、彼らは退いて、自分のねぐらに横になります。
104 23 人はおのれの仕事に出て行き、夕暮れまでその働きにつきます。
104 24 主よ。あなたのみわざはなんと多いことでしょう。あなたは、それらをみな、知恵をもって造っておられます。地はあなたの造られたもので満ちています。
104 25 そこには大きく、広く広がる海があり、その中で、はうものは数知れず、大小の生き物もいます。
104 26 そこを船が通い、あなたが造られたレビヤタンも、そこで戯れます。
104 27 彼らはみな、あなたを待ち望んでいます。あなたが時にしたがって食物をお与えになることを。
104 28 あなたがお与えになると、彼らは集め、あなたが御手を開かれると、彼らは良いもので満ち足ります。
104 29 あなたが御顔を隠されると、彼らはおじ惑い、彼らの息を取り去られると、彼らは死に、おのれのちりに帰ります。
104 30 あなたが御霊を送られると、彼らは造られます。また、あなたは地の面を新しくされます。
104 31 主の栄光が、とこしえにありますように。主がそのみわざを喜ばれますように。
104 32 主が地に目を注がれると、地は震え、山々に触れられると、山々は煙を上げます。
104 33 私は生きているかぎり、主に歌い、いのちのあるかぎり、私の神にほめ歌を歌いましょう。
104 34 私の心の思いが神のみこころにかないますように。私自身は、主を喜びましょう。
104 35 罪人らが地から絶え果て、悪者どもが、もはやいなくなりますように。わがたましいよ。主をほめたたえよ。ハレルヤ。

第105篇