詩篇 102篇

目次  第101篇  第103篇

102 0 悩む者の祈り。彼が気落ちして、自分の嘆きを主の前に注ぎ出したときのもの
102 1 主よ。私の祈りを聞いてください。私の叫びが、あなたに届きますように。
102 2 私が苦しんでいるときに、御顔を私に隠さないでください。私に耳を傾けてください。私が呼ぶときに、早く私に答えてください。
102 3 私の日は煙の中に尽き果て、私の骨は炉のように燃えていますから。
102 4 私の心は、青菜のように打たれ、しおれ、パンを食べることさえ忘れました。
102 5 私の嘆く声で私の骨と皮はくっついてしまいました。
102 6 私は荒野のペリカンのようになり、廃墟のふくろうのようになっています。
102 7 私はやせ衰えて、屋根の上のひとりぼっちの鳥のようになりました。
102 8 私の敵は一日中私をそしり、私をあざける者は私を名ざして毒づきます。
102 9 これはみな、私が、パンを食べるように灰を食べ、私の飲み物に涙を混ぜ合わせたからです。
102 10 それはあなたの憤りと怒りとのゆえに、あなたが私を持ち上げ、投げ出されたからです。
102 11 私の日は、伸びていく夕影のようです。私は、青菜のようにしおれています。
102 12 しかし、主よ。あなたはとこしえに御座に着き、あなたの御名は代々に及びます。
102 13 あなたは立ち上がり、シオンをあわれんでくださいます。今やいつくしみの時です。定めの時が来たからです。
102 14 まことに、あなたのしもべはシオンの石を愛し、シオンのちりをいつくしみます。
102 15 こうして、国々は主の御名を恐れ、地のすべての王はあなたの栄光を恐れましょう。
102 16 なぜなら、主はシオンを建て、その栄光のうちに現われ、
102 17 窮した者の祈りを顧み、彼らの祈りをないがしろにされなかったからです。
102 18 次のことが、後の時代のために書きしるされ、新しく造られる民が主を賛美しますように。
102 19 主はその聖なるいと高き所から見おろし、天から地の上に目を注がれました。
102 20 捕われ人のうめきを聞き、死に定められた者を解き放つために。
102 21 人々が、主の名をシオンで語り、エルサレムで主を賛美するために。
102 22 また、国々の民や、王国が共に集められるとき、主に仕えるために。
102 23 主は私の力を道の途中で弱くされ、私の日数を短くされました。
102 24 私は申しました。「わが神よ。私の日の半ばに私を取り去らないでください。あなたの年は代々に至ります。
102 25 あなたははるか以前に地の基を据えられました。天も、あなたの御手のわざです。
102 26 これらのものは滅びるでしょう。しかし、あなたはながらえられます。すべてのものは衣のようにすり切れます。あなたが着物のように取り替えられると、それらは変わってしまいます。
102 27 しかし、あなたは変わることがなく、あなたの年は尽きることがありません。
102 28 あなたのしもべらの子孫は住みつき、彼らのすえは、あなたの前に堅く立てられましょう。」

第103篇