詩篇 101篇

目次  第100篇  第102篇

101 0 ダビデの賛歌
101 1 私は、恵みとさばきを歌いましょう。主よ。あなたに、ほめ歌を歌いましょう。
101 2 私は、全き道に心を留めます。いつ、あなたは私のところに来てくださいますか。私は、正しい心で、自分の家の中を歩みます。
101 3 私の目の前に卑しいことを置きません。私は曲がったわざを憎みます。それは私にまといつきません。
101 4 曲がった心は私から離れて行きます。私は悪を知ろうともしません。
101 5 陰で自分の隣人をそしる者を、私は滅ぼします。高ぶる目と誇る心の者に、私は耐えられません。
101 6 私の目は、国の中の真実な人たちに注がれます。彼らが私とともに住むために。全き道を歩む者は、私に仕えます。
101 7 欺く者は、私の家の中には住みえず、偽りを語る者は、私の目の前に堅く立つことができません。
101 8 朝ごとに、私は国の中の悪者をことごとく滅ぼします。それは主の都から、不法を行なう者をことごとく断ち切るためです。

第102篇