詩篇 84篇

目次  第83篇  第85篇

84 0 指揮者のために。ギテトの調べに合わせて。コラの子たちの賛歌
84 1 万軍の主。あなたのお住まいはなんと、慕わしいことでしょう。
84 2 私のたましいは、主の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。私の心も、身も、生ける神に喜びの歌を歌います。
84 3 雀さえも、住みかを見つけました。つばめも、ひなを入れる巣、あなたの祭壇を見つけました。万軍の主。私の王、私の神よ。
84 4 なんと幸いなことでしょう。あなたの家に住む人たちは。彼らは、いつも、あなたをほめたたえています。セラ
84 5 なんと幸いなことでしょう。その力が、あなたにあり、その心の中にシオンへの大路のある人は。
84 6 彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。
84 7 彼らは、力から力へと進み、シオンにおいて、神の御前に現われます。
84 8 万軍の神、主よ。私の祈りを聞いてください。ヤコブの神よ。耳を傾けてください。セラ
84 9 神よ。われらの盾をご覧ください。あなたに油そそがれた者の顔に目を注いでください。
84 10 まことに、あなたの大庭にいる一日は千日にまさります。私は悪の天幕に住むよりはむしろ神の宮の門口に立ちたいのです。
84 11 まことに、神なる主は太陽です。盾です。主は恵みと栄光を授け、正しく歩く者たちに、良いものを拒まれません。
84 12 万軍の主よ。なんと幸いなことでしょう。あなたに信頼するその人は。

第85篇