詩篇 80篇

目次  第79篇  第81篇

80 0 指揮者のために。「さとしは、ゆりの花。」の調べに合わせて。アサフの賛歌
80 1 イスラエルの牧者よ。聞いてください。ヨセフを羊の群れのように導かれる方よ。光を放ってください。ケルビムの上の御座に着いておられる方よ。
80 2 エフライムとベニヤミンとマナセの前で、御力を呼びさまし、私たちを救うために来てください。
80 3 神よ。私たちをもとに返し、御顔を照り輝かせてください。そうすれば、私たちは救われます。
80 4 万軍の神、主よ。いつまで、あなたの民の祈りに怒りを燃やしておられるのでしょう。
80 5 あなたは彼らに涙のパンを食べさせ、あふれる涙を飲ませられました。
80 6 あなたは、私たちを隣人らの争いの的とし、私たちの敵は敵で、私たちをあざけっています。
80 7 万軍の神よ。私たちをもとに返し、御顔を照り輝かせてください。そうすれば、私たちは救われます。
80 8 あなたは、エジプトから、ぶどうの木を携え出し、国々を追い出して、それを植えられました。
80 9 あなたがそのために、地を切り開かれたので、ぶどうの木は深く根を張り、地にはびこりました。
80 10 山々もその影におおわれ、神の杉の木もその大枝におおわれました。
80 11 ぶどうの木はその枝を海にまで、若枝をあの川にまで伸ばしました。
80 12 なぜ、あなたは、石垣を破り、道を行くすべての者に、その実を摘み取らせなさるのですか。
80 13 林のいのししはこれを食い荒らし、野に群がるものも、これを食べます。
80 14 万軍の神よ。どうか、帰って来てください。天から目を注ぎ、よく見てください。そして、このぶどうの木を育ててください。
80 15 また、あなたの右の手が植えた苗と、ご自分のために強くされた枝とを。
80 16 それは火で焼かれ、切り倒されました。彼らは、御顔のとがめによって、滅びるのです。
80 17 あなたの右の手の人の上に、御手が、ご自分のため強くされた人の子の上に、御手がありますように。
80 18 そうすれば、私たちはあなたを裏切りません。私たちを生かしてください。私たちは御名を呼び求めます。
80 19 万軍の神、主よ。私たちをもとに返し、御顔を照り輝かせてください。そうすれば、私たちは救われます。

第81篇