詩篇 77篇

目次  第76篇  第78篇

77 0 指揮者のために。エドトンの調べによって。アサフの賛歌
77 1 私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。
77 2 苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。
77 3 私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ
77 4 あなたは、私のまぶたを閉じさせない。私の心は乱れて、もの言うこともできない。
77 5 私は、昔の日々、遠い昔の年々を思い返した。
77 6 夜には私の歌を思い起こし、自分の心と語り合い、私のたましいは問いかける。
77 7 「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。
77 8 主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。
77 9 神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか。」セラ
77 10 そのとき私は言った。「私の弱いのはいと高き方の右の手が変わったことによる。」
77 11 私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。
77 12 私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。
77 13 神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。
77 14 あなたは奇しいわざを行なわれる神、国々の民の中に御力を現わされる方です。
77 15 あなたは御腕をもって、ご自分の民、ヤコブとヨセフの子らを贖われました。セラ
77 16 神よ。水はあなたを見たのです。水はあなたを見て、わななきました。わたつみもまた、震え上がりました。
77 17 雲は水を注ぎ出し、雷雲は雷をとどろかし、あなたの矢もまた、ひらめき飛びました。
77 18 あなたの雷の声は、いくさ車のように鳴り、いなずまは世界を照らし、地は震え、揺れ動きました。
77 19 あなたの道は海の中にあり、あなたの小道は大水の中にありました。それで、あなたの足跡を見た者はありません。
77 20 あなたは、ご自分の民を、モーセとアロンの手によって、羊の群れのように導かれました。

第78篇