詩篇 76篇

目次  第75篇  第77篇

76 0 指揮者のために。弦楽器によって。アサフの賛歌。歌
76 1 神はユダにおいて知られ、御名はイスラエルにおいて大きい。
76 2 神の仮庵はシャレムにあり、その住まいはシオンにある。
76 3 その所で神は弓につがえる火矢、盾と剣、また戦いを打ち砕かれた。セラ
76 4 あなたは輝かしく、えじきの山々にまさって威厳があります。
76 5 剛胆な者らは略奪に会い、彼らは全く眠りこけました。勇士たちはだれも、手の施しようがありませんでした。
76 6 ヤコブの神よ。あなたが、お叱りになると、騎手も馬も、深い眠りに陥りました。
76 7 あなたは、あなたは、恐ろしい方。あなたが怒られたら、だれが御前に立ちえましょう。
76 8 あなたの宣告が天から聞こえると、地は恐れて、沈黙を守りました。
76 9 神が、さばきのために、そして地上の貧しい者たちをみな、救うために、立ち上がられたそのときに。セラ
76 10 まことに、人の憤りまでもが、あなたをほめたたえ、あなたは、憤りの余りまでをも身に締められます。
76 11 あなたがたの神、主に、誓いを立て、それを果たせ。主の回りにいる者はみな、恐るべき方に、贈り物をささげよ。
76 12 主は君主たちのいのちを絶たれる。地の王たちにとって、恐ろしい方。

第77篇