詩篇 74篇

目次  第73篇  第75篇

74 0 アサフのマスキール
74 1 神よ。なぜ、いつまでも拒み、あなたの牧場の羊に御怒りを燃やされるのですか。
74 2 どうか思い起こしてください。昔あなたが買い取られた、あなたの会衆、あなたがご自分のものである部族として贖われた民を。また、あなたがお住まいになったシオンの山を。
74 3 永遠の廃墟に、あなたの足を向けてください。敵は聖所であらゆる害を加えています。
74 4 あなたに敵対する者どもは、あなたの集会のただ中でほえたけり、おのれらの目じるしを、しるしとして掲げ、
74 5 森の中で斧を振り上げるかのようです。
74 6 そうして今や、手斧と槌で、聖所の彫り物をことごとく打ち砕き、
74 7 あなたの聖所に火を放ち、あなたの御名の住まいを、その地まで汚しました。
74 8 彼らは心の中で、「彼らを、ことごとく征服しよう。」と言い、国中の神の集会所をみな、焼き払いました。
74 9 もう私たちのしるしは見られません。もはや預言者もいません。いつまでそうなのかを知っている者も、私たちの間にはいません。
74 10 神よ。いつまで、仇はそしるのでしょうか。敵は、永久に御名を侮るのでしょうか。
74 11 なぜ、あなたは御手を、右の御手を、引っ込めておられるのですか。その手をふところから出して彼らを滅ぼし尽くしてください。
74 12 確かに、神は、昔から私の王、地上のただ中で、救いのわざを行なわれる方です。
74 13 あなたは、御力をもって海を分け、海の巨獣の頭を砕かれました。
74 14 あなたは、レビヤタンの頭を打ち砕き、荒野の民のえじきとされました。
74 15 あなたは泉と谷を切り開き、絶えず流れる川をからされました。
74 16 昼はあなたのもの、夜もまたあなたのもの。あなたは月と太陽とを備えられました。
74 17 あなたは地のすべての境を定め、夏と冬とを造られました。
74 18 主よ。どうか、心に留めてください。敵がそしり、愚かな民が御名を侮っていることを。
74 19 あなたの山鳩のいのちを獣に引き渡さないでください。あなたの悩む者たちのいのちを永久に忘れないでください。
74 20 どうか、契約に目を留めてください。地の暗い所には暴虐が横行していますから。
74 21 しいたげられる者が卑しめられて帰ることがなく、悩む者、貧しい者が御名をほめたたえますように。
74 22 神よ。立ち上がり、あなたの言い分を立ててください。愚か者が一日中あなたをそしっていることを心に留めてください。
74 23 あなたに敵対する者どもの声や、あなたに立ち向かう者どもの絶えずあげる叫びを、お忘れにならないでください。

第75篇