詩篇 73篇

目次  第72篇  第74篇

73 0 アサフの賛歌
73 1 まことに神は、イスラエルに、心のきよい人たちに、いつくしみ深い。
73 2 しかし、私自身は、この足がたわみそうで、私の歩みは、すべるばかりだった。
73 3 それは、私が誇り高ぶる者をねたみ、悪者の栄えるのを見たからである。
73 4 彼らの死には、苦痛がなく、彼らのからだは、あぶらぎっているからだ。
73 5 人々が苦労するとき、彼らはそうではなく、ほかの人のようには打たれない。
73 6 それゆえ、高慢が彼らの首飾りとなり、暴虐の着物が彼らをおおっている。
73 7 彼らの目は脂肪でふくらみ、心の思いはあふれ出る。
73 8 彼らはあざけり、悪意をもって語り、高い所からしいたげを告げる。
73 9 彼らはその口を天にすえ、その舌は地を行き巡る。
73 10 それゆえ、その民は、ここに帰り、豊かな水は、彼らによって飲み干された。
73 11 こうして彼らは言う。「どうして神が知ろうか。いと高き方に知識があろうか。」
73 12 見よ。悪者とは、このようなものだ。彼らはいつまでも安らかで、富を増している。
73 13 確かに私は、むなしく心をきよめ、手を洗って、きよくしたのだ。
73 14 私は一日中打たれどおしで、朝ごとに責められた。
73 15 もしも私が、「このままを述べよう。」と言ったなら、確かに私は、あなたの子らの世代の者を裏切ったことだろう。
73 16 私は、これを知ろうと思い巡らしたが、それは、私の目には、苦役であった。
73 17 私は、神の聖所にはいり、ついに、彼らの最後を悟った。
73 18 まことに、あなたは彼らをすべりやすい所に置き、彼らを滅びに突き落とされます。
73 19 まことに、彼らは、またたくまに滅ぼされ、突然の恐怖で滅ぼし尽くされましょう。
73 20 目ざめの夢のように、主よ、あなたは、奮い立つとき、彼らの姿をさげすまれましょう。
73 21 私の心が苦しみ、私の内なる思いが突き刺されたとき、
73 22 私は、愚かで、わきまえもなく、あなたの前で獣のようでした。
73 23 しかし私は絶えずあなたとともにいました。あなたは私の右の手をしっかりつかまえられました。
73 24 あなたは、私をさとして導き、後には栄光のうちに受け入れてくださいましょう。
73 25 天では、あなたのほかに、だれを持つことができましょう。地上では、あなたのほかに私はだれをも望みません。
73 26 この身とこの心とは尽き果てましょう。しかし神はとこしえに私の心の岩、私の分の土地です。
73 27 それゆえ、見よ。あなたから遠く離れている者は滅びます。あなたはあなたに不誠実な者をみな滅ぼされます。
73 28 しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。

第74篇