詩篇 67篇

目次  第66篇  第68篇

67 0 指揮者のために。弦楽器によって。賛歌。歌
67 1 どうか、神が私たちをあわれみ、祝福し、み顔を私たちの上に照り輝かしてくださるように。セラ
67 2 それは、あなたの道が地の上に、あなたの御救いがすべての国々の間に知られるためです。
67 3 神よ。国々の民があなたをほめたたえ、国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように。
67 4 国民が喜び、また、喜び歌いますように。それはあなたが公正をもって国々の民をさばかれ、地の国民を導かれるからです。セラ
67 5 神よ。国々の民があなたをほめたたえ、国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように。
67 6 地はその産物を出しました。神、私たちの神が、私たちを祝福してくださいますように。
67 7 神が私たちを祝福してくださって、地の果て果てが、ことごとく神を恐れますように。

第68篇