詩篇 66篇

目次  第65篇  第67篇

66 0 指揮者のために。歌。賛歌
66 1 全地よ。神に向かって喜び叫べ。
66 2 御名の栄光をほめ歌い、神への賛美を栄光に輝かせよ。
66 3 神に申し上げよ。「あなたのみわざは、なんと恐ろしいことでしょう。偉大な御力のために、あなたの敵は、御前にへつらい服します。
66 4 全地はあなたを伏し拝み、あなたにほめ歌を歌います。あなたの御名をほめ歌います。」セラ
66 5 さあ、神のみわざを見よ。神の人の子らになさることは恐ろしい。
66 6 神は海を変えて、かわいた地とされた。人々は川の中を歩いて渡る。さあ、私たちは、神にあって喜ぼう。
66 7 神はその権力をもってとこしえに統べ治め、その目は国々を監視される。頑迷な者を、高ぶらせないでください。セラ
66 8 国々の民よ。私たちの神をほめたたえよ。神への賛美の声を聞こえさせよ。
66 9 神は、私たちを、いのちのうちに保ち、私たちの足をよろけさせない。
66 10 神よ。まことに、あなたは私たちを調べ、銀を精練するように、私たちを練られました。
66 11 あなたは私たちを網に引き入れ、私たちの腰に重荷を着けられました。
66 12 あなたは人々に、私たちの頭の上を乗り越えさせられました。私たちは、火の中を通り、水の中を通りました。しかし、あなたは豊かな所へ私たちを連れ出されました。
66 13 私は全焼のいけにえを携えて、あなたの家に行き、私の誓いを果たします。
66 14 それは、私の苦しみのときに、私のくちびるが言ったもの、私の口が申し上げた誓いです。
66 15 私はあなたに肥えた獣の全焼のいけにえを、雄羊のいけにえの煙とともにささげます。雄牛を雄やぎといっしょに、ささげます。セラ
66 16 さあ、神を恐れる者は、みな聞け。神が私のたましいになさったことを語ろう。
66 17 私は、この口で神に呼ばわり、この舌であがめた。
66 18 もしも私の心にいだく不義があるなら、主は聞き入れてくださらない。
66 19 しかし、確かに、神は聞き入れ、私の祈りの声を心に留められた。
66 20 ほむべきかな。神。神は、私の祈りを退けず、御恵みを私から取り去られなかった。

第67篇