詩篇 56篇

目次  第55篇  第57篇

56 0 指揮者のために。「遠くの人の、もの言わぬ鳩」の調べに合わせて。ダビデのミクタム。ペリシテ人が、ガテでダビデを捕えたときに
56 1 神よ。私をあわれんでください。人が私を踏みつけ、一日中、戦って、私をしいたげます。
56 2 私の敵は、一日中、私を踏みつけています。誇らしげに私に戦いをいどんでいる者が、多くいます。
56 3 恐れのある日に、私は、あなたに信頼します。
56 4 神にあって、私はみことばを、ほめたたえます。私は神に信頼し、何も恐れません。肉なる者が、私に何をなしえましょう。
56 5 一日中、彼らは私のことばを痛めつけています。彼らの思い計ることはみな、私にわざわいを加えることです。
56 6 彼らは襲い、彼らは待ち伏せ、私のあとをつけています。私のいのちをねらっているように。
56 7 神よ。彼らの不法のゆえに、彼らを投げつけてください。御怒りをもって、国々の民を打ち倒してください。
56 8 あなたは、私のさすらいをしるしておられます。どうか私の涙を、あなたの皮袋にたくわえてください。それはあなたの書には、ないのでしょうか。
56 9 それで、私が呼ばわる日に、私の敵は退きます。神が私の味方であることを私は知っています。
56 10 神にあって、私はみことばをほめたたえます。主にあって、私はみことばをほめたたえます。
56 11 私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。
56 12 神よ。あなたへの誓いは、私の上にあります。私は、感謝のいけにえを、あなたにささげます。
56 13 あなたは、私のいのちを死から、まことに私の足を、つまずきから、救い出してくださいました。それは、私が、いのちの光のうちに、神の御前を歩むためでした。

第57篇