詩篇 51篇

目次  第50篇  第52篇

51 0 指揮者のために。ダビデの賛歌。ダビデがバテ・シェバのもとに通ったのちに、預言者ナタンが彼のもとに来たとき
51 1 神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。
51 2 どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。
51 3 まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。
51 4 私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行ないました。それゆえ、あなたが宣告されるとき、あなたは正しく、さばかれるとき、あなたはきよくあられます。
51 5 ああ、私は咎ある者として生まれ、罪ある者として母は私をみごもりました。
51 6 ああ、あなたは心のうちの真実を喜ばれます。それゆえ、私の心の奥に知恵を教えてください。
51 7 ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。
51 8 私に、楽しみと喜びを、聞かせてください。そうすれば、あなたがお砕きになった骨が、喜ぶことでしょう。
51 9 御顔を私の罪から隠し、私の咎をことごとく、ぬぐい去ってください。
51 10 神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。
51 11 私をあなたの御前から、投げ捨てず、あなたの聖霊を、私から取り去らないでください。
51 12 あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。
51 13 私は、そむく者たちに、あなたの道を教えましょう。そうすれば、罪人は、あなたのもとに帰りましょう。
51 14 神よ。私の救いの神よ。血の罪から私を救い出してください。そうすれば、私の舌は、あなたの義を、高らかに歌うでしょう。
51 15 主よ。私のくちびるを開いてください。そうすれば、私の口は、あなたの誉れを告げるでしょう。
51 16 たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。
51 17 神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。
51 18 どうか、ご恩寵により、シオンにいつくしみを施し、エルサレムの城壁を築いてください。
51 19 そのとき、あなたは、全焼のいけにえと全焼のささげ物との、義のいけにえを喜ばれるでしょう。そのとき、彼らは、雄の子牛をあなたの祭壇にささげましょう。

第52篇