詩篇 49篇

目次  第48篇  第50篇

49 0 指揮者のために。コラの子たちの賛歌
49 1 すべての国々の民よ。これを聞け。世界に住むすべての者よ。耳を傾けよ。
49 2 低い者も、尊い者も、富む者も、貧しい者も、ともどもに。
49 3 私の口は知恵を語り、私の心は英知を告げる。
49 4 私はたとえに耳を傾け、立琴に合わせて私のなぞを解き明かそう。
49 5 どうして私は、わざわいの日に、恐れなければならないのか。私を取り囲んで中傷する者の悪意を。
49 6 おのれの財産に信頼する者どもや、豊かな富を誇る者どもを。
49 7 人は自分の兄弟をも買い戻すことはできない。自分の身のしろ金を神に払うことはできない。
49 8 ――たましいの贖いしろは、高価であり、永久にあきらめなくてはならない。――
49 9 人はとこしえまでも生きながらえるであろうか。墓を見ないであろうか。
49 10 彼は見る。知恵のある者たちが死に、愚か者もまぬけ者もひとしく滅び、自分の財産を他人に残すのを。
49 11 彼らは、心の中で、彼らの家は永遠に続き、その住まいは代々にまで及ぶと思い、自分たちの土地に、自分たちの名をつける。
49 12 しかし人は、その栄華のうちにとどまれない。人は滅びうせる獣に等しい。
49 13 これが愚か者どもの道、彼らに従い、彼らの言うことを受け入れる者どもの道である。セラ
49 14 彼らは羊のようによみに定められ、死が彼らの羊飼いとなる。朝は、直ぐな者が彼らを支配する。彼らのかたちはなくなり、よみがその住む所となる。
49 15 しかし神は私のたましいをよみの手から買い戻される。神が私を受け入れてくださるからだ。セラ
49 16 恐れるな。人が富を得ても、その人の家の栄誉が増し加わっても。
49 17 人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。
49 18 彼が生きている間、自分を祝福できても、また、あなたが幸いな暮らしをしているために、人々があなたをほめたたえても。
49 19 あなたは、自分の先祖の世代に行き、彼らは決して光を見ないであろう。
49 20 人はその栄華の中にあっても、悟りがなければ、滅びうせる獣に等しい。

第50篇