詩篇 33篇

目次  第32篇  第34篇

33 1 正しい者たち。主にあって、喜び歌え。賛美は心の直ぐな人たちにふさわしい。
33 2 立琴をもって主に感謝せよ。十弦の琴をもって、ほめ歌を歌え。
33 3 新しい歌を主に向かって歌え。喜びの叫びとともに、巧みに弦をかき鳴らせ。
33 4 まことに、主のことばは正しく、そのわざはことごとく真実である。
33 5 主は正義と公正を愛される。地は主の恵みに満ちている。
33 6 主のことばによって、天は造られた。天の万象もすべて、御口のいぶきによって。
33 7 主は海の水をせきのように集め、深い水を倉に収められる。
33 8 全地よ。主を恐れよ。世界に住む者よ。みな、主の前におののけ。
33 9 まことに、主が仰せられると、そのようになり、主が命じられると、それは堅く立つ。
33 10 主は国々のはかりごとを無効にし、国々の民の計画をむなしくされる。
33 11 主のはかりごとはとこしえに立ち、御心の計画は代々に至る。
33 12 幸いなことよ。主をおのれの神とする、その国は。神が、ご自身のものとしてお選びになった、その民は。
33 13 主は天から目を注ぎ、人の子らを残らずご覧になる。
33 14 御住まいの所から地に住むすべての者に目を注がれる。
33 15 主は、彼らの心をそれぞれみな造り、彼らのわざのすべてを読み取る方。
33 16 王は軍勢の多いことによっては救われない。勇者は力の強いことによっては救い出されない。
33 17 軍馬も勝利の頼みにはならない。その大きな力も救いにならない。
33 18 見よ。主の目は主を恐れる者に注がれる。その恵みを待ち望む者に。
33 19 彼らのたましいを死から救い出し、ききんのときにも彼らを生きながらえさせるために。
33 20 私たちのたましいは主を待ち望む。主は、われらの助け、われらの盾。
33 21 まことに私たちの心は主を喜ぶ。私たちは、聖なる御名に信頼している。
33 22 主よ。あなたの恵みが私たちの上にありますように。私たちがあなたを待ち望んだときに。

第34篇