詩篇 30篇

目次  第29篇  第31篇

30 0 ダビデの賛歌。家をささげる歌
30 1 主よ。私はあなたをあがめます。あなたが私を引き上げ、私の敵を喜ばせることはされなかったからです。
30 2 私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。
30 3 主よ。あなたは私のたましいをよみから引き上げ、私が穴に下って行かないように、私を生かしておかれました。
30 4 聖徒たちよ。主をほめ歌え。その聖なる御名に感謝せよ。
30 5 まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。
30 6 私が栄えたときに、私はこう言った。「私は決してゆるがされない。」
30 7 主よ。あなたはご恩寵のうちに、私の山を強く立たせてくださいました。あなたが御顔を隠され、私はおじ惑っていましたが。
30 8 主よ。私はあなたを呼び求めます。私の主にあわれみを請います。
30 9 私が墓に下っても、私の血に何の益があるのでしょうか。ちりが、あなたを、ほめたたえるでしょうか。あなたのまことを、告げるでしょうか。
30 10 聞いてください。主よ。私をあわれんでください。主よ。私の助けとなってください。
30 11 あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。
30 12 私のたましいがあなたをほめ歌い、黙っていることがないために。私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。

第31篇