箴言 8章

目次  第7章  第9章

8 1 知恵は呼ばわらないだろうか。英知はその声をあげないだろうか。
8 2 これは丘の頂、道のかたわら、通り道の四つかどに立ち、
8 3 門のかたわら、町の入口、正門の入口で大声で呼ばわって言う。
8 4 「人々よ。わたしはあなたがたに呼ばわり、人の子らに声をかける。
8 5 わきまえのない者よ。分別をわきまえよ。愚かな者よ。思慮をわきまえよ。
8 6 聞け。わたしは高貴なことについて語り、わたしのくちびるは正しいことを述べよう。
8 7 わたしの口は真実を告げ、わたしのくちびるは悪を忌みきらうからだ。
8 8 わたしの言うことはみな正しい。そのうちには曲がったことやよこしまはない。
8 9 これはみな、識別する者には、正直、知識を見いだす者には、正しい。
8 10 銀を受けるよりも、わたしの懲らしめを受けよ。えり抜きの黄金よりも知識を。
8 11 知恵は真珠にまさり、どんな喜びも、これには比べられないからだ。
8 12 知恵であるわたしは分別を住みかとする。そこには知識と思慮とがある。
8 13 主を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。
8 14 摂理とすぐれた知性とはわたしのもの。わたしは分別であって、わたしには力がある。
8 15 わたしによって、王たちは治め、君主たちは正義を制定する。
8 16 わたしによって、支配者たちは支配する。高貴な人たちはすべて正義のさばきつかさ。
8 17 わたしを愛する者を、わたしは愛する。わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。
8 18 富と誉れとはわたしとともにあり、尊い宝物と義もわたしとともにある。
8 19 わたしの実は黄金よりも、純金よりも良く、わたしの生み出すものはえり抜きの銀にまさる。
8 20 わたしは正義の道、公正の通り道の真中を歩み、
8 21 わたしを愛する者には財産を受け継がせ、彼らの財宝を満たす。
8 22 主は、その働きを始める前から、そのみわざの初めから、わたしを得ておられた。
8 23 大昔から、初めから、大地の始まりから、わたしは立てられた。
8 24 深淵もまだなく、水のみなぎる源もなかったとき、わたしはすでに生まれていた。
8 25 山が立てられる前に、丘より先に、わたしはすでに生まれていた。
8 26 神がまだ地も野原も、この世の最初のちりも造られなかったときに。
8 27 神が天を堅く立て、深淵の面に円を描かれたとき、わたしはそこにいた。
8 28 神が上のほうに大空を固め、深淵の源を堅く定め、
8 29 海にその境界を置き、水がその境を越えないようにし、地の基を定められたとき、
8 30 わたしは神のかたわらで、これを組み立てる者であった。わたしは毎日喜び、いつも御前で楽しみ、
8 31 神の地、この世界で楽しみ、人の子らを喜んだ。
8 32 子どもらよ。今、わたしに聞き従え。幸いなことよ。わたしの道を守る者は。
8 33 訓戒を聞いて知恵を得よ。これを無視してはならない。
8 34 幸いなことよ。日々わたしの戸口のかたわらで見張り、わたしの戸口の柱のわきで見守って、わたしの言うことを聞く人は。
8 35 なぜなら、わたしを見いだす者は、いのちを見いだし、主から恵みをいただくからだ。
8 36 わたしを見失う者は自分自身をそこない、わたしを憎む者はみな、死を愛する。」

第9章