箴言 3章

目次  第2章  第4章

3 1 わが子よ。私のおしえを忘れるな。私の命令を心に留めよ。
3 2 そうすれば、あなたに長い日と、いのちの年と平安が増し加えられる。
3 3 恵みとまことを捨ててはならない。それをあなたの首に結び、あなたの心の板に書きしるせ。
3 4 神と人との前に好意と聡明を得よ。
3 5 心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。
3 6 あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
3 7 自分を知恵のある者と思うな。主を恐れて、悪から離れよ。
3 8 それはあなたのからだを健康にし、あなたの骨に元気をつける。
3 9 あなたの財産とすべての収穫の初物で、主をあがめよ。
3 10 そうすれば、あなたの倉は豊かに満たされ、あなたの酒ぶねは新しいぶどう酒であふれる。
3 11 わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。その叱責をいとうな。
3 12 父がかわいがる子をしかるように、主は愛する者をしかる。
3 13 幸いなことよ。知恵を見いだす人、英知をいただく人は。
3 14 それの儲けは銀の儲けにまさり、その収穫は黄金にまさるからだ。
3 15 知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。
3 16 その右の手には長寿があり、その左の手には富と誉れがある。
3 17 その道は楽しい道であり、その通り道はみな平安である。
3 18 知恵は、これを堅く握る者にはいのちの木である。これをつかんでいる者は幸いである。
3 19 主は知恵をもって地の基を定め、英知をもって天を堅く立てられた。
3 20 深淵はその知識によって張り裂け、雲は露を注ぐ。
3 21 わが子よ。すぐれた知性と思慮とをよく見張り、これらを見失うな。
3 22 それらは、あなたのたましいのいのちとなり、あなたの首の麗しさとなる。
3 23 こうして、あなたは安らかに自分の道を歩み、あなたの足はつまずかない。
3 24 あなたが横たわるとき、あなたに恐れはない。休むとき、眠りは、ここちよい。
3 25 にわかに起こる恐怖におびえるな。悪者どもが襲いかかってもおびえるな。
3 26 主があなたのわきにおられ、あなたの足がわなにかからないように、守ってくださるからだ。
3 27 あなたの手に善を行なう力があるとき、求める者に、それを拒むな。
3 28 あなたに財産があるとき、あなたの隣人に向かい、「去って、また来なさい。あす、あげよう。」と言うな。
3 29 あなたの隣人が、あなたのそばで安心して住んでいるとき、その人に、悪をたくらんではならない。
3 30 あなたに悪いしうちをしていないのなら、理由もなく、人と争うな。
3 31 暴虐の者をうらやむな。そのすべての道を選ぶな。
3 32 主は、よこしまな者を忌みきらい、直ぐな者と親しくされるからだ。
3 33 悪者の家には、主ののろいがある。正しい人の住まいは、主が祝福される。
3 34 あざける者を主はあざけり、へりくだる者には恵みを授ける。
3 35 知恵のある者は誉れを受け継ぎ、愚かな者は恥を得る。

第4章