ナホム書 3章

目次  第2章

3 1 ああ。流血の町。虚偽に満ち、略奪を事とし、強奪をやめない。
3 2 むちの音。車輪の響き。駆ける馬。飛び走る戦車。
3 3 突進する騎兵。剣のきらめき。槍のひらめき。おびただしい戦死者。山なすしかばね。数えきれない死体。死体に人はつまずく。
3 4 これは、すぐれて麗しい遊女、呪術を行なう女の多くの淫行によるものだ。彼女はその淫行によって国々を、その魅力によって諸部族を売った。
3 5 見よ。わたしはあなたに立ち向かう。――万軍の主の御告げ。――わたしはあなたのすそを顔の上までまくり上げ、あなたの裸を諸国の民に見せ、あなたの恥を諸王国に見せる。
3 6 わたしはあなたに汚物をかけ、あなたをはずかしめ、あなたを見せものとする。
3 7 あなたを見る者はみな、あなたから逃げて言う。「ニネベは滅びた。」と。だれが彼女を慰めよう。あなたのために悔やむ者を、どこにわたしは捜そうか。
3 8 あなたは、ナイル川のほとりにあるノ・アモンよりもすぐれているか。水がこれを取り囲む。その塁は海、その城壁は水。
3 9 クシュとエジプトはその力。それは限りがない。プテ人、ルブ人もその助け手。
3 10 しかし、これもまた、捕囚となり、とりことなって行き、その幼子たちもあらゆる町かどで八裂にされ、その高貴な人たちもくじ引きにされ、そのおもだった者たちもみな、鎖につながれた。
3 11 あなたも酔いしれて身を隠し、敵から逃げてとりでを捜し求めよう。
3 12 あなたのすべての要塞は、初なりのいちじくを持ついちじくの木。それをゆさぶると、食べる者の口に落ちる。
3 13 見よ。あなたの兵士は、あなたの中にいる女だ。あなたの国のもろもろの門は、敵のために広くあけ放たれ、火はあなたのかんぬきを焼き尽くす。
3 14 包囲の日のための水を汲み、要塞を強固にせよ。泥の中にはいり、粘土を踏みつけ、れんがの型を取っておけ。
3 15 その時、火はあなたを焼き尽くし、剣はあなたを切り倒し、火はばったのようにあなたを焼き尽くす。あなたは、ばったのように数を増し、いなごのようにふえよ。
3 16 あなたの商人を天の星より多くしても、ばったがこれを襲って飛び去る。
3 17 あなたの衛兵は、いなごのように、あなたの役人たちは、群がるいなごのように、寒い日には城壁の上でたむろし、日が出ると飛び去り、だれも、どこへ行くか行く先を知らない。
3 18 アッシリヤの王よ。あなたの牧者たちは眠り、あなたの貴人たちは寝込んでいる。あなたの民は山々の上に散らされ、だれも集める者はいない。
3 19 あなたの傷は、いやされない。あなたの打ち傷は、いやしがたい。あなたのうわさを聞く者はみな、あなたに向かって手をたたく。だれもかれも、あなたに絶えずいじめられていたからだ。