マタイの福音書 22章

目次  第21章  第23章

22 1 イエスはもう一度たとえをもって彼らに話された。
22 2 「天の御国は、王子のために結婚の披露宴を設けた王にたとえることができます。
22 3 王は、招待しておいたお客を呼びに、しもべたちを遣わしたが、彼らは来たがらなかった。
22 4 それで、もう一度、次のように言いつけて、別のしもべたちを遣わした。『お客に招いておいた人たちにこう言いなさい。「さあ、食事の用意ができました。雄牛も太った家畜もほふって、何もかも整いました。どうぞ宴会にお出かけください。」』
22 5 ところが、彼らは気にもかけず、ある者は畑に、別の者は商売に出て行き、
22 6 そのほかの者たちは、王のしもべたちをつかまえて恥をかかせ、そして殺してしまった。
22 7 王は怒って、兵隊を出して、その人殺しどもを滅ぼし、彼らの町を焼き払った。
22 8 そのとき、王はしもべたちに言った。『宴会の用意はできているが、招待しておいた人たちは、それにふさわしくなかった。
22 9 だから、大通りに行って、出会った者をみな宴会に招きなさい。』
22 10 それで、しもべたちは、通りに出て行って、良い人でも悪い人でも出会った者をみな集めたので、宴会場は客でいっぱいになった。
22 11 ところで、王が客を見ようとしてはいって来ると、そこに婚礼の礼服を着ていない者がひとりいた。
22 12 そこで、王は言った。『あなたは、どうして礼服を着ないで、ここにはいって来たのですか。』しかし、彼は黙っていた。
22 13 そこで、王はしもべたちに、『あれの手足を縛って、外の暗やみに放り出せ。そこで泣いて歯ぎしりするのだ。』と言った。
22 14 招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。」
22 15 そのころ、パリサイ人たちは出て来て、どのようにイエスをことばのわなにかけようかと相談した。
22 16 彼らはその弟子たちを、ヘロデ党の者たちといっしょにイエスのもとにやって、こう言わせた。「先生。私たちは、あなたが真実な方で、真理に基づいて神の道を教え、だれをもはばからない方だと存じています。あなたは、人の顔色を見られないからです。
22 17 それで、どう思われるのか言ってください。税金をカイザルに納めることは、律法にかなっていることでしょうか。かなっていないことでしょうか。」
22 18 イエスは彼らの悪意を知って言われた。「偽善者たち。なぜ、わたしをためすのか。
22 19 納め金にするお金をわたしに見せなさい。」そこで彼らは、デナリを一枚イエスのもとに持って来た。
22 20 そこで彼らに言われた。「これは、だれの肖像ですか。だれの銘ですか。」
22 21 彼らは、「カイザルのです。」と言った。そこで、イエスは言われた。「それなら、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」
22 22 彼らは、これを聞いて驚嘆し、イエスを残して立ち去った。
22 23 その日、復活はないと言っているサドカイ人たちが、イエスのところに来て、質問して、
22 24 言った。「先生。モーセは『もし、ある人が子のないままで死んだなら、その弟は兄の妻をめとって、兄のための子をもうけねばならない。』と言いました。
22 25 ところで、私たちの間に七人兄弟がありました。長男は結婚しましたが、死んで、子がなかったので、その妻を弟に残しました。
22 26 次男も三男も、七人とも同じようになりました。
22 27 そして、最後に、その女も死にました。
22 28 すると復活の際には、その女は七人のうちだれの妻なのでしょうか。彼らはみな、その女を妻にしたのです。」
22 29 しかし、イエスは彼らに答えて言われた。「そんな思い違いをしているのは、聖書も神の力も知らないからです。
22 30 復活の時には、人はめとることも、とつぐこともなく、天の御使いたちのようです。
22 31 それに、死人の復活については、神があなたがたに語られた事を、あなたがたは読んだことがないのですか。
22 32 『わたしは、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。』とあります。神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。」
22 33 群衆はこれを聞いて、イエスの教えに驚いた。
22 34 しかし、パリサイ人たちは、イエスがサドカイ人たちを黙らせたと聞いて、いっしょに集まった。
22 35 そして、彼らのうちのひとりの律法の専門家が、イエスをためそうとして、尋ねた。
22 36 「先生。律法の中で、たいせつな戒めはどれですか。」
22 37 そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
22 38 これがたいせつな第一の戒めです。
22 39 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。
22 40 律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」
22 41 パリサイ人たちが集まっているときに、イエスは彼らに尋ねて言われた。
22 42 「あなたがたは、キリストについて、どう思いますか。彼はだれの子ですか。」彼らはイエスに言った。「ダビデの子です。」
22 43 イエスは彼らに言われた。「それでは、どうしてダビデは、御霊によって、彼を主と呼び、
22 44 『主は私の主に言われた。「わたしがあなたの敵をあなたの足の下に従わせるまでは、わたしの右の座に着いていなさい。」』と言っているのですか。
22 45 ダビデがキリストを主と呼んでいるのなら、どうして彼はダビデの子なのでしょう。」
22 46 それで、だれもイエスに一言も答えることができなかった。また、その日以来、もはやだれも、イエスにあえて質問をする者はなかった。

第23章