ルカの福音書 17章

目次  第16章  第18章

17 1 イエスは弟子たちにこう言われた。「つまずきが起こるのは避けられない。だが、つまずきを起こさせる者は、忌まわしいものです。
17 2 この小さい者たちのひとりに、つまずきを与えるようであったら、そんな者は石臼を首にゆわえつけられて、海に投げ込まれたほうがましです。
17 3 気をつけていなさい。もし兄弟が罪を犯したなら、彼を戒めなさい。そして悔い改めれば、赦しなさい。
17 4 かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます。』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。」
17 5 使徒たちは主に言った。「私たちの信仰を増してください。」
17 6 しかし主は言われた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ。』と言えば、言いつけどおりになるのです。
17 7 ところで、あなたがたのだれかに、耕作か羊飼いをするしもべがいるとして、そのしもべが野らから帰って来たとき、『さあ、さあ、ここに来て、食事をしなさい。』としもべに言うでしょうか。
17 8 かえって、『私の食事の用意をし、帯を締めて私の食事が済むまで給仕しなさい。あとで、自分の食事をしなさい。』と言わないでしょうか。
17 9 しもべが言いつけられたことをしたからといって、そのしもべに感謝するでしょうか。
17 10 あなたがたもそのとおりです。自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです。』と言いなさい。」
17 11 そのころイエスはエルサレムに上られる途中、サマリヤとガリラヤの境を通られた。
17 12 ある村にはいると、十人のらい病人がイエスに出会った。彼らは遠く離れた所に立って、
17 13 声を張り上げて、「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください。」と言った。
17 14 イエスはこれを見て、言われた。「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい。」彼らは行く途中でいやされた。
17 15 そのうちのひとりは、自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来て、
17 16 イエスの足もとにひれ伏して感謝した。彼はサマリヤ人であった。
17 17 そこでイエスは言われた。「十人いやされたのではないか。九人はどこにいるのか。
17 18 神をあがめるために戻って来た者は、この外国人のほかには、だれもいないのか。」
17 19 それからその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです。」
17 20 さて、神の国はいつ来るのか、とパリサイ人たちに尋ねられたとき、イエスは答えて言われた。「神の国は、人の目で認められるようにして来るものではありません。
17 21 『そら、ここにある。』とか、『あそこにある。』とか言えるようなものではありません。いいですか。神の国は、あなたがたのただ中にあるのです。」
17 22 イエスは弟子たちに言われた。「人の子の日を一日でも見たいと願っても、見られない時が来ます。
17 23 人々が『こちらだ。』とか、『あちらだ。』とか言っても行ってはなりません。あとを追いかけてはなりません。
17 24 いなずまが、ひらめいて、天の端から天の端へと輝くように、人の子は、人の子の日には、ちょうどそのようであるからです。
17 25 しかし、人の子はまず、多くの苦しみを受け、この時代に捨てられなければなりません。
17 26 人の子の日に起こることは、ちょうど、ノアの日に起こったことと同様です。
17 27 ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、食べたり、飲んだり、めとったり、とついだりしていたが、洪水が来て、すべての人を滅ぼしてしまいました。
17 28 また、ロトの時代にあったことと同様です。人々は食べたり、飲んだり、売ったり、買ったり、植えたり、建てたりしていたが、
17 29 ロトがソドムから出て行くと、その日に、火と硫黄が天から降って、すべての人を滅ぼしてしまいました。
17 30 人の子の現われる日にも、全くそのとおりです。
17 31 その日には、屋上にいる者は家に家財があっても、取り出しに降りてはいけません。同じように、畑にいる者も家に帰ってはいけません。
17 32 ロトの妻を思い出しなさい。
17 33 自分のいのちを救おうと努める者はそれを失い、それを失う者はいのちを保ちます。
17 34 あなたがたに言いますが、その夜、同じ寝台で男がふたり寝ていると、ひとりは取られ、他のひとりは残されます。
17 35 女がふたりいっしょに臼をひいていると、ひとりは取られ、他のひとりは残されます。」
17 36 [本節欠如]
17 37 弟子たちは答えて言った。「主よ。どこでですか。」主は言われた。「死体のある所、そこに、はげたかも集まります。」

第18章