レビ記 24章

目次  第23章  第25章

24 1 ついで主はモーセに告げて仰せられた。
24 2 「あなたはイスラエル人に命じて、ともしびを絶えずともしておくために、燈火用の質の良い純粋なオリーブ油を持って来させよ。
24 3 アロンは会見の天幕の中、あかしの箱の垂れ幕の外側で、夕方から朝まで主の前に絶えず、そのともしびをととのえておかなければならない。これは、あなたがたが代々守るべき永遠のおきてである。
24 4 彼は純金の燭台の上に、そのともしびを絶えず主の前にととのえておかなければならない。
24 5 あなたは小麦粉を取り、それで輪型のパン十二個を焼く。一つの輪型のパンは十分の二エパである。
24 6 それを主の前の純金の机の上に、一並び六個ずつ、二並びに置く。
24 7 それぞれの並びに純粋な乳香を添え、主への火によるささげ物として、これをパンの記念の部分とする。
24 8 彼は安息日ごとに、絶えずこれを主の前に、整えておかなければならない。これはイスラエル人からのものであって永遠の契約である。
24 9 これはアロンとその子らのものとなり、彼らはこれを聖なる所で食べる。これは最も聖なるものであり、主への火によるささげ物のうちから、彼の受け取る永遠の分け前である。」
24 10 さて、イスラエルの女を母とし、エジプト人を父とする者が、イスラエル人のうちに出たが、このイスラエルの女の息子と、あるイスラエル人とが宿営の中で争った。
24 11 そのとき、イスラエルの女の息子が、御名を冒涜してのろったので、人々はこの者をモーセのところに連れて来た。その母の名はシェロミテで、ダンの部族のディブリの娘であった。
24 12 人々は主の命令をまって彼らにはっきりと示すため、この者を監禁しておいた。
24 13 そこで、主はモーセに告げて仰せられた。
24 14 「あの、のろった者を宿営の外に連れ出し、それを聞いた者はすべてその者の頭の上に手を置き、全会衆はその者に石を投げて殺せ。
24 15 あなたはイスラエル人に告げて言え。自分の神をのろう者はだれでも、その罪の罰を受ける。
24 16 主の御名を冒涜する者は必ず殺されなければならない。全会衆は必ずその者に石を投げて殺さなければならない。在留異国人でも、この国に生まれた者でも、御名を冒涜するなら、殺される。
24 17 かりそめにも人を打ち殺す者は、必ず殺される。
24 18 動物を打ち殺す者は、いのちにはいのちをもって償わなければならない。
24 19 もし人がその隣人に傷を負わせるなら、その人は自分がしたと同じようにされなければならない。
24 20 骨折には骨折。目には目。歯には歯。人に傷を負わせたように人は自分もそうされなければならない。
24 21 動物を打ち殺す者は償いをしなければならず、人を打ち殺す者は殺されなければならない。
24 22 あなたがたは、在留異国人にも、この国に生まれた者にも、一つのさばきをしなければならない。わたしはあなたがたの神、主である。」
24 23 モーセがこのようにイスラエル人に告げたので、彼らはのろった者を宿営の外に連れ出し、彼に石を投げて殺した。こうしてイスラエル人は、主がモーセに命じられたとおりに行なった。

第25章