ヨブ記 41章

目次  第40章  第42章

41 1 あなたは釣り針でレビヤタンを釣り上げることができるか。輪繩でその舌を押えつけることができるか。
41 2 あなたは葦をその鼻に通すことができるか。鉤をそのあごに突き通すことができるか。
41 3 これがあなたに、しきりに哀願し、優しいことばで、あなたに語りかけるだろうか。
41 4 これがあなたと契約を結び、あなたはこれを捕えていつまでも奴隷とすることができようか。
41 5 あなたは鳥と戯れるようにこれと戯れ、あなたの娘たちのためにこれをつなぐことができるか。
41 6 漁師仲間はこれを売りに出し、商人たちの間でこれを分けるだろうか。
41 7 あなたはもりでその皮を、やすでその頭を十分に突くことができようか。
41 8 その上にあなたの手を置いてみよ。その戦いを思い出して、二度と手を出すな。
41 9 見よ。その望みは裏切られる。それを見ただけで投げ倒されるではないか。
41 10 これを起こすほどの狂った者はいない。だから、だれがいったい、わたしの前に立つことができよう。
41 11 だれがわたしにささげたのか、わたしが報いなければならないほどに。天の下にあるものはみな、わたしのものだ。
41 12 わたしは彼のおしゃべりと、雄弁と、美辞麗句に黙っていることはできない。
41 13 だれがその外套をはぎ取ることができるか。だれがその胸当ての折り目の間に、はいれるか。
41 14 だれがその顔の戸をあけることができるか。その歯の回りは恐ろしい。
41 15 その背は並んだ盾、封印したように堅く閉じている。
41 16 一つ一つぴったりついて、風もその間を通らない。
41 17 互いにくっつき合い、堅くついて離せない。
41 18 そのくしゃみはいなずまを放ち、その目は暁のまぶたのようだ。
41 19 その口からは、たいまつが燃え出し、火花を散らす。
41 20 その鼻からは煙が出て、煮え立つかまや、燃える葦のようだ。
41 21 その息は炭火をおこし、その口から炎が出る。
41 22 その首には力が宿り、その前には恐れが踊る。
41 23 その肉のひだはくっつき合い、その身にしっかりついて、動かない。
41 24 その心臓は石のように堅く、臼の下石のように堅い。
41 25 それが起き上がると、力ある者もおじけづき、ぎょっとしてとまどう。
41 26 それを剣で襲っても、ききめがなく、槍も投げ槍も矢じりもききめがない。
41 27 それは鉄をわらのように、青銅を腐った木のようにみなす。
41 28 矢もそれを逃げさせることができず、石投げの石も、それにはわらのようになる。
41 29 こん棒をもわらのようにみなし、投げ槍のうなる音をあざ笑う。
41 30 その下腹は鋭い土器のかけら、それは打穀機のように泥の上に身を伸ばす。
41 31 それは深みをかまのように沸き立たせ、海を香油をかき混ぜるなべのようにする。
41 32 その通ったあとは輝き、深い淵は白髪のように思われる。
41 33 地の上には、これと似たものはなく、恐れを知らないものとして造られた。
41 34 それは、すべて高いものを見おろし、それは、すべての誇り高い獣の王である。

第42章