ヨブ記 39章

目次  第38章  第40章

39 1 あなたは岩間の野やぎが子を産む時を知っているか。雌鹿が子を産むのを見守ったことがあるか。
39 2 あなたはこれらがはらんでいる月を数えることができるか。それらが子を産む時を知っているか。
39 3 それらは身をかがめて子を産み落とし、その胎児を放り出す。
39 4 その子らは強くなり、野原で大きくなると、出て行って、もとの所には帰らない。
39 5 だれが野ろばを解き放ったのか。だれが野生のろばの綱をほどいたのか。
39 6 わたしは荒れた地をそれの家とし、不毛の地をその住みかとした。
39 7 それは町の騒ぎをあざ笑い、追い立てる者の叫び声を聞かない。
39 8 山岳地帯はその牧場、それは青い物を何でも捜す。
39 9 野牛は喜んであなたに仕え、あなたの飼葉おけのそばで夜を過ごすだろうか。
39 10 あなたはあぜみぞで野牛に手綱をかけることができるか。それが、あなたに従って谷間を耕すだろうか。
39 11 その力が強いからといって、あなたはそれに拠り頼むだろうか。また、あなたの働きをこれに任せるだろうか。
39 12 あなたはそれがあなたの穀物を持ち帰り、あなたの打ち場で、これを集めるとでも信じているのか。
39 13 だちょうの翼は誇らしげにはばたく。しかし、それらはこうのとりの羽と羽毛であろうか。
39 14 だちょうは卵を土に置き去りにし、これを砂で暖めさせ、
39 15 足がそれをつぶすことも、野の獣がこれを踏みつけることも忘れている。
39 16 だちょうは自分の子を自分のものでないかのように荒く扱い、その産みの苦しみがむだになることも気にしない。
39 17 神がこれに知恵を忘れさせ、悟りをこれに授けなかったからだ。
39 18 それが高くとびはねるとき、馬とその乗り手をあざ笑う。
39 19 あなたが馬に力を与えるのか。その首にたてがみをつけるのか。
39 20 あなたは、これをいなごのように、とびはねさせることができるか。そのいかめしいいななきは恐ろしい。
39 21 馬は谷で前掻きをし、力を喜び、武器に立ち向かって出て行く。
39 22 それは恐れをあざ笑って、ひるまず、剣の前から退かない。
39 23 矢筒はその上でうなり、槍と投げ槍はきらめく。
39 24 それはいきりたって、地を駆け回り、角笛の音を聞いても信じない。
39 25 角笛が鳴るごとに、ヒヒーンといななき、遠くから戦いをかぎつけ、隊長の怒号と、ときの声を聞きつける。
39 26 あなたの悟りによってか。たかが舞い上がり、南にその翼を広げるのは。
39 27 あなたの命令によってか。わしが高く上がり、その巣を高い所に作るのは。
39 28 それは岩に宿って住み、近寄りがたい切り立つ岩の上にいる。
39 29 そこから獲物をうかがい、その目は遠くまで見通す。
39 30 そのひなは血を吸い、殺されたものがある所に、それはいる。

第40章