ヨブ記 38章

目次  第37章  第39章

38 1 主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。
38 2 知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者はだれか。
38 3 さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ。
38 4 わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。
38 5 あなたは知っているか。だれがその大きさを定め、だれが測りなわをその上に張ったかを。
38 6 その台座は何の上にはめ込まれたか。その隅の石はだれが据えたか。
38 7 そのとき、明けの星々が共に喜び歌い、神の子たちはみな喜び叫んだ。
38 8 海がふき出て、胎内から流れ出たとき、だれが戸でこれを閉じ込めたか。
38 9 そのとき、わたしは雲をその着物とし、黒雲をそのむつきとした。
38 10 わたしは、これをくぎって境を定め、かんぬきと戸を設けて、
38 11 言った。「ここまでは来てもよい。しかし、これ以上はいけない。あなたの高ぶる波はここでとどまれ。」と。
38 12 あなたが生まれてこのかた、朝に対して命令を下し、暁に対してその所をさし示し、
38 13 これに地の果て果てをつかまえさせ、悪者をそこから振り落とさせたことがあるか。
38 14 地は刻印を押された粘土のように変わり、衣服のように色づけられる。
38 15 悪者からはその光が退けられ、振りかざす腕は折られる。
38 16 あなたは海の源まで行ったことがあるのか。深い淵の奥底を歩き回ったことがあるのか。
38 17 死の門があなたに現われたことがあるのか。あなたは死の陰の門を見たことがあるのか。
38 18 あなたは地の広さを見きわめたことがあるのか。そのすべてを知っているなら、告げてみよ。
38 19 光の住む所に至る道はどこか。やみのあるその場所はどこか。
38 20 あなたはわたしをその国まで連れて行くというのか。また、その家に至る通り道を見分けるというのか。
38 21 あなたが知っている……そのとき、あなたが生まれ、あなたの日数が多い、といって。
38 22 あなたは雪の倉にはいったことがあるか。雹の倉を見たことがあるか。
38 23 これらは苦難の時のために、いくさと戦いの日のために、わたしが押えているのだ。
38 24 光が分かれる道はどこか。東風が地の上で散り広がる道はどこか。
38 25 だれが、大水のために水路を通し、いなびかりのために道を開き、
38 26 人のいない地にも、人間のいない荒野にも、雨を降らせ、
38 27 荒れ果てた廃墟の地を満ち足らせ、それに若草を生やすのか。
38 28 雨に父があるか。露のしずくはだれが生んだか。
38 29 氷はだれの胎から生まれ出たか。空の白い霜はだれが生んだか。
38 30 水は姿を変えて石のようになり、深い淵の面は凍る。
38 31 あなたはすばる座の鎖を結びつけることができるか。オリオン座の綱を解くことができるか。
38 32 あなたは十二宮をその時々にしたがって引き出すことができるか。牡牛座をその子の星とともに導くことができるか。
38 33 あなたは天の法令を知っているか。地にその法則を立てることができるか。
38 34 あなたの声を雲にまであげ、みなぎる水にあなたをおおわせることができるか。
38 35 あなたはいなずまを向こうに行かせ、「私たちはここです。」とあなたに言わせることができるか。
38 36 だれが心のうちに知恵を置いたか。だれが心の奥に悟りを与えたか。
38 37 だれが知恵をもって雨雲を数えることができるか。だれが天のかめを傾けることができるか。
38 38 ちりが溶け合ってかたまりとなり、土くれが堅く固まるとき。
38 39 あなたは雌獅子のために獲物を狩り、若い獅子の食欲を満たすことができるか。
38 40 それらがほら穴に伏し、茂みの中で待ち伏せしているときに。
38 41 烏の子が神に向かって鳴き叫び、食物がなくてさまようとき、烏にえさを備えるのはだれか。

第39章