ヨブ記 35章

目次  第34章  第36章

35 1 エリフはさらに続けて言った。
35 2 あなたはこのことを正義によると思うのか。「私の義は神からだ。」とでも言うのか。
35 3 あなたは言っている。「何があなたの役に立つのでしょうか。私が罪を犯さないと、どんな利益がありましょうか。」と。
35 4 私はあなたと、またあなたとともにいるあなたの友人たちに答えて言おう。
35 5 天を仰ぎ見よ。あなたより、はるかに高い雲を見よ。
35 6 あなたが罪を犯しても、神に対して何ができよう。あなたのそむきの罪が多くても、あなたは神に何をなしえようか。
35 7 あなたが正しくても、あなたは神に何を与ええようか。神は、あなたの手から何を受けられるだろうか。
35 8 あなたの悪は、ただ、あなたのような人間に、あなたの正しさは、ただ、人の子に、かかわりを持つだけだ。
35 9 人々は、多くのしいたげのために泣き叫び、力ある者の腕のために助けを叫び求める。
35 10 しかし、だれも問わない。「私の造り主である神はどこにおられるか。夜には、ほめ歌を与え、
35 11 地の獣よりも、むしろ、私たちに教え、空の鳥よりも、むしろ、私たちに知恵を授けてくださる方は。」と。
35 12 そこでは、彼らが泣き叫んでも答えはない。悪人がおごり高ぶっているからだ。
35 13 神は決してむなしい叫びを聞き入れず、全能者はこれに心を留めない。
35 14 しかも、あなたは神を見ることができないと言っている。訴えは神の前にある。あなたは神を待て。
35 15 しかし今、神は怒って罰しないだろうか。ひどい罪を知らないだろうか。
35 16 ヨブはいたずらに口を大きく開き、知識もなく、自分の言い分を述べたてる。

第36章