ヨブ記 33章

目次  第32章  第34章

33 1 そこでヨブよ。どうか、私の言い分を聞いてほしい。私のすべてのことばに耳を傾けてほしい。
33 2 さあ、私は口を開き、私の舌はこの口の中で語ろう。
33 3 私の言うことは真心からだ。私のくちびるは、きよく知識を語る。
33 4 神の霊が私を造り、全能者の息が私にいのちを与える。
33 5 あなたにできれば、私に返事をし、ことばを並べたて、私の前に立ってみよ。
33 6 実に、神にとって、私はあなたと同様だ。私もまた粘土で形造られた。
33 7 見よ。私のおどしも、あなたをおびえさせない。私が強く圧しても、あなたには重くない。
33 8 確かにあなたは、この耳に言った。私はあなたの話す声を聞いた。
33 9 「私はきよく、そむきの罪を犯さなかった。私は純潔で、よこしまなことがない。
33 10 それなのに、神は私を攻める口実を見つけ、私を敵のようにみなされる。
33 11 神は私の足にかせをはめ、私の歩みをことごとく見張る。」
33 12 聞け。私はあなたに答える。このことであなたは正しくない。神は人よりも偉大だからである。
33 13 なぜ、あなたは神と言い争うのか。自分のことばに神がいちいち答えてくださらないといって。
33 14 神はある方法で語られ、また、ほかの方法で語られるが、人はそれに気づかない。
33 15 夜の幻と、夢の中で、または深い眠りが人々を襲うとき、あるいは寝床の上でまどろむとき、
33 16 そのとき、神はその人たちの耳を開き、このような恐ろしいかたちで彼らをおびえさせ、
33 17 人にその悪いわざを取り除かせ、人間から高ぶりを離れさせる。
33 18 神は人のたましいが、よみの穴に、はいらないようにし、そのいのちが槍で滅びないようにされる。
33 19 あるいは、人を床の上で痛みによって責め、その骨の多くをしびれさせる。
33 20 彼のいのちは食物をいとい、そのたましいはうまい物をいとう。
33 21 その肉は衰え果てて見えなくなり、見えなかった骨があらわになる。
33 22 そのたましいはよみの穴に近づき、そのいのちは殺す者たちに近づく。
33 23 もし彼のそばに、ひとりの御使い、すなわち千人にひとりの代言者がおり、それが人に代わってその正しさを告げてくれるなら、
33 24 神は彼をあわれんで仰せられる。「彼を救って、よみの穴に下って行かないようにせよ。わたしは身代金を得た。」
33 25 彼の肉は幼子のように、まるまる太り、彼は青年のころに返る。
33 26 彼が神に祈ると、彼は受け入れられる。彼は喜びをもって御顔を見、神はその人に彼の義を報いてくださる。
33 27 彼は人々を見つめて言う。「私は罪を犯し、正しい事を曲げた。しかし、神は私のようではなかった。
33 28 神は私のたましいを贖ってよみの穴に下らせず、私のいのちは光を見る。」と。
33 29 見よ。神はこれらすべてのことを、二度も三度も人に行なわれ、
33 30 人のたましいをよみの穴から引き戻し、いのちの光で照らされる。
33 31 耳を貸せ。ヨブ。私に聞け。黙れ。私が語ろう。
33 32 もし、言い分があるならば、私に言い返せ。言ってみよ。あなたの正しいことを示してほしいからだ。
33 33 そうでなければ私に聞け。黙れ。あなたに知恵を教えよう。

第34章