ヨブ記 30章

目次  第29章  第31章

30 1 しかし今は、私よりも若い者たちが、私をあざ笑う。彼らの父は、私が軽く見て、私の群れの番犬とともにいさせたものだ。
30 2 彼らの手の力も私に何の役に立とうか。彼らから気力が消えうせた。
30 3 彼らは欠乏とききんでやつれ、荒れ果てた廃墟の暗やみで砂漠をかじる。
30 4 彼らはやぶの中のおかひじきを摘み、えにしだの根を彼らの食物とする。
30 5 彼らは世間から追い出され、人々は盗人を追うように、彼らに大声で叫ぶ。
30 6 彼らは谷の斜面や、土や岩の穴に住み、
30 7 やぶの中でつぶやき、いらくさの下に群がる。
30 8 彼らはしれ者の子たち、つまらぬ者の子たち、国からむちでたたき出された者たちだ。
30 9 それなのに、今や、私は彼らのあざけりの歌となり、その笑いぐさとなっている。
30 10 彼らは私を忌みきらって、私から遠ざかり、私の顔に情け容赦もなくつばきを吐きかける。
30 11 神が私の綱を解いて、私を悩まされたので、彼らも手綱を私の前に投げ捨てた。
30 12 この悪童どもは、私の右手に立ち、私の足をもつれさせ、私に向かって滅びの道を築いた。
30 13 彼らは私の通り道をこわし、私の滅びを推し進める。だれも彼らを押し止める者はいない。
30 14 彼らは、広い破れ口からはいって来るように、あらしの中を押し寄せて来る。
30 15 恐怖が私にふりかかり、私の威厳を、あの風のように追い立てる。私の繁栄は雨雲のように過ぎ去った。
30 16 今、私は心を自分に注ぐ。悩みの日に私は捕えられた。
30 17 夜は私の骨を私からえぐりとり、私をむしばむものは、休まない。
30 18 それは大きな力で、私の着物に姿を変え、まるで長服のように私に巻きついている。
30 19 神は私を泥の中に投げ込み、私はちりや灰のようになった。
30 20 私はあなたに向かって叫びますが、あなたはお答えになりません。私が立っていても、あなたは私に目を留めてくださいません。
30 21 あなたは、私にとって、残酷な方に変わられ、御手の力で、私を攻めたてられます。
30 22 あなたは私を吹き上げて風に乗せ、すぐれた知性で、私をきりもみにされます。
30 23 私は知っています、あなたは私を死に帰らせ、すべての生き物の集まる家に帰らせることを。
30 24 それでも、廃墟の中で人は手を差し伸べないだろうか。その衰えているとき、助けを叫ばないだろうか。
30 25 私は不運な人のために泣かなかっただろうか。私のたましいは貧しい者のために悲しまなかっただろうか。
30 26 私が善を望んだのに、悪が来、光を待ち望んだのに、暗やみが来た。
30 27 私のはらわたは、休みなく煮えたぎる。悩みの日が私に立ち向かっている。
30 28 私は、日にも当たらず、泣き悲しんで歩き回り、つどいの中に立って助けを叫び求める。
30 29 私はジャッカルの兄弟となり、だちょうの仲間となった。
30 30 私の皮膚は黒ずんではげ落ち、骨は熱で焼けている。
30 31 私の立琴は喪のためとなり、私の笛は泣き悲しむ声となった。

第31章