ヨブ記 29章

目次  第28章  第30章

29 1 ヨブはまた、自分の格言を取り上げて言った。
29 2 ああ、できれば、私は、昔の月日のようであったらよいのに。神が私を守ってくださった日々のようであったらよいのに。
29 3 あのとき、神のともしびが私の頭を照らし、その光によって私はやみを歩いた。
29 4 私がまだ壮年であったころ、神は天幕の私に語りかけてくださった。
29 5 全能者がまだ私とともにおられたとき、私の子どもたちは、私の回りにいた。
29 6 あのとき、私の足跡は乳で洗われ、岩は私に油の流れを注ぎ出してくれたのに。
29 7 私は町の門に出て行き、私のすわる所を広場に設けた。
29 8 若者たちは私を見て身をひき、年老いた者も起き上がって立った。
29 9 つかさたちは黙ってしまい、手を口に当てていた。
29 10 首長たちの声もひそまり、その舌は上あごについた。
29 11 私について聞いた耳は、私を賞賛し、私を見た目は、それをあかしした。
29 12 それは私が、助けを叫び求める貧しい者を助け出し、身寄りのないみなしごを助け出したからだ。
29 13 死にかかっている者の祝福が私に届き、やもめの心を私は喜ばせた。
29 14 私は義をまとい、義は私をおおった。私の公義は上着であり、かぶり物であった。
29 15 私は盲人の目となり、足なえの足となった。
29 16 私は貧しい者の父であり、見知らぬ者の訴訟を調べてやった。
29 17 私はまた、不正をする者のあごを砕き、その歯の間から獲物を引き抜いた。
29 18 そこで私は考えた。私は私の巣とともに息絶えるが、不死鳥のように、私は日をふやそう。
29 19 私の根は水に向かって根を張り、夜露が私の枝に宿ろう。
29 20 私の栄光は私とともに新しくなり、私の弓は私の手で次々に矢を放つ。
29 21 人々は、私に聞き入って待ち、私の意見にも黙っていた。
29 22 私が言ったあとでも言い返さず、私の話は彼らの上に降り注いだ。
29 23 彼らは雨を待つように私を待ち、後の雨を待つように彼らは口を大きくあけて待った。
29 24 私が彼らにほほえみかけても、彼らはそれを信じることができなかった。私の顔の光はかげらなかった。
29 25 私は彼らの道を選んでやり、首長として座に着いた。また、王として軍勢とともに住まい、しかも、嘆く者を慰める者のようであった。

第30章