ヨブ記 26章

目次  第25章  第27章

26 1 ヨブは答えて言った。
26 2 あなたは無力な者をどのようにして助けたのか。力のない腕をどのようにして救ったのか。
26 3 知恵のない者をどのようにしていさめ、豊かなすぐれた知性を示したのか。
26 4 あなたはだれに対してことばを告げているのか。だれの息があなたから出たのか。
26 5 死者の霊は、水とそこに住むものとの下にあって震える。
26 6 よみも神の前では裸であり、滅びの淵もおおわれない。
26 7 神は北を虚空に張り、地を何もない上に掛けられる。
26 8 神は水を濃い雲の中に包まれるが、その下の雲は裂けない。
26 9 神は御座の面をおおい、その上に雲を広げ、
26 10 水の面に円を描いて、光とやみとの境とされた。
26 11 神がしかると、天の柱は震い、恐れる。
26 12 神は御力によって海をかき立て、神の英知をもってラハブを打ち砕く。
26 13 その息によって天は晴れ渡り、御手は逃げる蛇を刺し通す。
26 14 見よ。これらはただ神の道の外側にすぎない。私たちはただ、神についてのささやきしか聞いていない。だれが、その力ある雷を聞き分けえようか。

第27章