ヨブ記 23章

目次  第22章  第24章

23 1 ヨブは答えて言った。
23 2 きょうもまた、私はそむく心でうめき、私の手は自分の嘆きのために重い。
23 3 ああ、できれば、どこで神に会えるかを知り、その御座にまで行きたい。
23 4 私は御前に訴えを並べたて、ことばの限り討論したい。
23 5 私は神が答えることばを知り、私に言われることが何であるかを悟りたい。
23 6 神は力強く私と争われるだろうか。いや、むしろ私に心を留めてくださろう。
23 7 そこでは正しい人が神と論じ合おう。そうすれば私は、とこしえにさばきを免れる。
23 8 ああ、私が前へ進んでも、神はおられず、うしろに行っても、神を認めることができない。
23 9 左に向かって行っても、私は神を見ず、右に向きを変えても、私は会うことができない。
23 10 しかし、神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私は金のように、出て来る。
23 11 私の足は神の歩みにつき従い、神の道を守って、それなかった。
23 12 私は神のくちびるの命令から離れず、私の定めよりも、御口のことばをたくわえた。
23 13 しかし、みこころは一つである。だれがそれを翻すことができようか。神はこころの欲するところを行なわれる。
23 14 神は、私について定めたことを、成し遂げられるからだ。このような多くの定めが神のうちにある。
23 15 だから、私は神の前でおびえ、これを思って、神を恐れているのだ。
23 16 神は私の心を弱くし、全能者は私をおびえさせた。
23 17 私はやみによって消されず、彼が、暗黒を私の前からなくされたからだ。

第24章