ヨブ記 9章

目次  第8章  第10章

9 1 ヨブは答えて言った。
9 2 まことに、そのとおりであることを私は知っている。しかし、どうして人は自分の正しさを神に訴えることができようか。
9 3 たとい神と言い争おうと思っても、千に一つも答えられまい。
9 4 神は心に知恵のある方、力の強い方。神に身をこわくして、だれがそのままで済むだろうか。
9 5 神が山々を移されるが、だれもこれに気づかない。神は怒ってこれをくつがえされる。
9 6 神が地をその基から震わすと、その柱は揺れ動く。
9 7 神が太陽に命じると、それは上らない。星もまた封じ込められる。
9 8 神はただひとりで天を張り延ばし、海の大波を踏まれる。
9 9 神は牡牛座、オリオン座、すばる座、それに、南の天の室を造られた。
9 10 神は大いなることを行なって測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない。
9 11 たとい神が私のそばを通り過ぎても、私には見えない。神が進んで行っても、私は認めることができない。
9 12 ああ、神が奪い取ろうとするとき、だれがそれを引き止めることができようか。だれが神に向かって、「何をされるのか。」と言いえよう。
9 13 神は怒りを翻さない。ラハブを助ける者たちは、みもとに身をかがめる。
9 14 いったい、この私が神に答えられようか。私が神とことばを交せようか。
9 15 たとい、私が正しくても、神に答えることはできない。私をさばく方にあわれみを請うだけだ。
9 16 たとい、私が呼び、私に答えてくださったとしても、神が私の声に耳を傾けられたとは、信じられない。
9 17 神はあらしをもって私を打ち砕き、理由もないのに、私の傷を増し加え、
9 18 私に息もつかせず、私を苦しみで満たしておられる。
9 19 もし、力について言えば、見よ、神は力強い。もし、さばきについて言えば、だれが私を呼び出すことができるか。
9 20 たとい私が正しくても、私自身の口が私を罪ある者とし、たとい私が潔白でも、神は私を曲がった者とされる。
9 21 私は潔白だ。しかし、私には自分自身がわからない。私は自分のいのちをいとう。
9 22 みな同じことだ。だから私は言う。神は、潔白な者をも悪者をも共に絶ち滅ぼされる。
9 23 にわか水が突然出て人を殺すと、神は罪のない者の受ける試練をあざける。
9 24 地は悪者の手にゆだねられ、神はそのさばきつかさらの顔をおおう。もし、神がそうするのでなければ、そうするのはだれか。
9 25 私の日々は飛脚よりも速い。それは飛び去って、しあわせを見ない。
9 26 それは葦の舟のように通り過ぎ、獲物に襲いかかるわしのように通り過ぎる。
9 27 たとい「不平を忘れ、憂うつな顔を捨てて、明るくなりたい。」と私が言いましても、
9 28 私の受けたすべての苦痛を思うと、私はおびえます。私は知っています。あなたは、私を罪のない者とはしてくださいません。
9 29 私はきっと、罪ある者とされましょう。ではなぜ、私はいたずらに労するのでしょうか。
9 30 たとい私が雪の水で身を洗っても、灰汁で私の手をきよめても、
9 31 あなたは私を墓の穴に突き落とし、私の着物は私を忌みきらいます。
9 32 神は私のように人間ではないから、私は「さあ、さばきの座にいっしょに行こう。」と申し入れることはできない。
9 33 私たちふたりの上に手を置く仲裁者が私たちの間にはいない。
9 34 神がその杖を私から取り去られるように。その恐ろしさで私をおびえさせないように。
9 35 そうすれば、私は語りかけ、神を恐れまい。いま私はそうではないからだ。

第10章