イザヤ書 32章

目次  第31章  第33章

32 1 見よ。ひとりの王が正義によって治め、首長たちは公義によってつかさどる。
32 2 彼らはみな、風を避ける避け所、あらしを避ける隠れ場のようになり、砂漠にある水の流れ、かわききった地にある大きな岩の陰のようになる。
32 3 見る者は目を堅く閉ざさず、聞く者は耳を傾ける。
32 4 気短な者の心も知識を悟り、どもりの舌も、はっきりと早口で語ることができる。
32 5 もはや、しれ者が高貴な人と呼ばれることがなく、ならず者が上流の人と言われることもない。
32 6 なぜなら、しれ者は恥ずべきことを語り、その心は不法をたくらんで、神を敬わず、主に向かって迷いごとを語り、飢えている者を飢えさせ、渇いている者に飲み物を飲ませないからだ。
32 7 ならず者、そのやり方は悪い。彼はみだらなことをたくらみ、貧しい者が正しいことを申し立てても、偽りを語って身分の低い者を滅ぼす。
32 8 しかし、高貴な人は高貴なことを計画し、高貴なことを、いつもする。
32 9 のんきな女たちよ。立ち上がって、わたしの声を聞け。うぬぼれている娘たちよ。わたしの言うことに耳を傾けよ。
32 10 うぬぼれている女たちよ。一年と少しの日がたつと、あなたがたはわななく。ぶどうの収穫がなくなり、その取り入れもできなくなるからだ。
32 11 のんきな女たちよ。おののけ。うぬぼれている女たちよ。わななけ。着物を脱ぎ、裸になり、腰に荒布をまとえ。
32 12 胸を打って嘆け。麗しい畑、実りの多いぶどうの木のために。
32 13 いばらやおどろの生い茂るわたしの民の土地のために。そして、すべての楽しい家々、おごる都のために。
32 14 なぜなら、宮殿は見捨てられ、町の騒ぎもさびれ、オフェルと見張りの塔は、いつまでも荒地となり、野ろばの喜ぶ所、羊の群れの牧場となるからだ。
32 15 しかし、ついには、上から霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。
32 16 公正は荒野に宿り、義は果樹園に住む。
32 17 義は平和をつくり出し、義はとこしえの平穏と信頼をもたらす。
32 18 わたしの民は、平和な住まい、安全な家、安らかないこいの場に住む。
32 19 ――雹が降ってあの森を倒し、あの町は全く卑しめられる。――
32 20 ああ、幸いなことよ。すべての水のほとりに種を蒔き、牛とろばとを放し飼いするあなたがたは。

第33章