創世記 10章

目次  第9章  第11章

10 1 これはノアの息子、セム、ハム、ヤペテの歴史である。大洪水の後に、彼らに子どもが生まれた。
10 2 ヤペテの子孫はゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メシェク、ティラス。
10 3 ゴメルの子孫はアシュケナズ、リファテ、トガルマ。
10 4 ヤワンの子孫はエリシャ、タルシシュ、キティム人、ドダニム人。
10 5 これらから海沿いの国々が分かれ出て、その地方により、氏族ごとに、それぞれ国々の国語があった。
10 6 ハムの子孫はクシュ、ミツライム、プテ、カナン。
10 7 クシュの子孫はセバ、ハビラ、サブタ、ラマ、サブテカ。ラマの子孫はシェバ、デダン。
10 8 クシュはニムロデを生んだ。ニムロデは地上で最初の権力者となった。
10 9 彼は主のおかげで、力ある猟師になったので、「主のおかげで、力ある猟師ニムロデのようだ。」と言われるようになった。
10 10 彼の王国の初めは、バベル、エレク、アカデであって、みな、シヌアルの地にあった。
10 11 その地から彼は、アシュルに進出し、ニネベ、レホボテ・イル、ケラフ、
10 12 およびニネベとケラフとの間のレセンを建てた。それは大きな町であった。
10 13 ミツライムはルデ人、アナミム人、レハビム人、ナフトヒム人、
10 14 パテロス人、カスルヒム人――これからペリシテ人が出た――、カフトル人を生んだ。
10 15 カナンは長子シドン、ヘテ、
10 16 エブス人、エモリ人、ギルガシ人、
10 17 ヒビ人、アルキ人、シニ人、
10 18 アルワデ人、ツェマリ人、ハマテ人を生んだ。その後、カナン人の諸氏族が分かれ出た。
10 19 それでカナン人の領土は、シドンからゲラルに向かってガザに至り、ソドム、ゴモラ、アデマ、ツェボイムに向かってレシャにまで及んだ。
10 20 以上が、その氏族、その国語ごとに、その地方、その国により示したハムの子孫である。
10 21 セムにも子が生まれた。セムはエベルのすべての子孫の先祖であって、ヤペテの兄であった。
10 22 セムの子孫はエラム、アシュル、アルパクシャデ、ルデ、アラム。
10 23 アラムの子孫はウツ、フル、ゲテル、マシュ。
10 24 アルパクシャデはシェラフを生み、シェラフはエベルを生んだ。
10 25 エベルにはふたりの男の子が生まれ、ひとりの名はペレグであった。彼の時代に地が分けられたからである。もうひとりの兄弟の名はヨクタンであった。
10 26 ヨクタンは、アルモダデ、シェレフ、ハツァルマベテ、エラフ、
10 27 ハドラム、ウザル、ディクラ、
10 28 オバル、アビマエル、シェバ、
10 29 オフィル、ハビラ、ヨバブを生んだ。これらはみな、ヨクタンの子孫であった。
10 30 彼らの定住地は、メシャからセファルに及ぶ東の高原地帯であった。
10 31 以上は、それぞれ氏族、国語、地方、国ごとに示したセムの子孫である。
10 32 以上が、その国々にいる、ノアの子孫の諸氏族の家系である。大洪水の後にこれらから、諸国の民が地上に分かれ出たのであった。

第11章