ガラテヤ人への手紙 5章

目次  第4章  第6章

5 1 キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。
5 2 よく聞いてください。このパウロがあなたがたに言います。もし、あなたがたが割礼を受けるなら、キリストは、あなたがたにとって、何の益もないのです。
5 3 割礼を受けるすべての人に、私は再びあかしします。その人は律法の全体を行なう義務があります。
5 4 律法によって義と認められようとしているあなたがたは、キリストから離れ、恵みから落ちてしまったのです。
5 5 私たちは、信仰により、御霊によって、義をいただく望みを熱心に抱いているのです。
5 6 キリスト・イエスにあっては、割礼を受ける受けないは大事なことではなく、愛によって働く信仰だけが大事なのです。
5 7 あなたがたはよく走っていたのに、だれがあなたがたを妨げて、真理に従わなくさせたのですか。
5 8 そのような勧めは、あなたがたを召してくださった方から出たものではありません。
5 9 わずかのパン種が、こねた粉の全体を発酵させるのです。
5 10 私は主にあって、あなたがたが少しも違った考えを持っていないと確信しています。しかし、あなたがたをかき乱す者は、だれであろうと、さばきを受けるのです。
5 11 兄弟たち。もし私が今でも割礼を宣べ伝えているなら、どうして今なお迫害を受けることがありましょう。それなら、十字架のつまずきは取り除かれているはずです。
5 12 あなたがたをかき乱す者どもは、いっそのこと不具になってしまうほうがよいのです。
5 13 兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。
5 14 律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」という一語をもって全うされるのです。
5 15 もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。
5 16 私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。
5 17 なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。
5 18 しかし、御霊によって導かれるなら、あなたがたは律法の下にはいません。
5 19 肉の行ないは明白であって、次のようなものです。不品行、汚れ、好色、
5 20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、
5 21 ねたみ、酩酊、遊興、そういった類のものです。前にもあらかじめ言ったように、私は今もあなたがたにあらかじめ言っておきます。こんなことをしている者たちが神の国を相続することはありません。
5 22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、
5 23 柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。
5 24 キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。
5 25 もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。
5 26 互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。

第6章